政府プログラム

不正に対抗し、機密情報を保護するためのリアルタイムパッシブ認証

政府機関はThreatMetrix®を使用して、盗まれたアイデンティティで武装したサイバー犯罪者や不正行為者を阻止しながら、ユーザーおよび有資格者の真のアイデンティティを即座に検証できます。

デジタル特典、税務、財務、規制、および情報共有サービスによって、政府はさらに効率化され、関係者に主要なメリットを提供できます。ユーザーは、経済システムと国家安全保障の中核ともいえるこれらの重要なサービスに即座に安全にアクセスできます。

ThreatMetrixは、オンラインユーザーをパッシブ認証して即座に脅威を遮断し、リアルタイムでユーザーおよびそのデバイス、場所、資格情報、オンライン行動の絶えず変化する関係の点を線で結ぶグローバルインテリジェンスを使用してアイデンティティを識別します。

不正行為者とサイバー犯罪者は、盗まれたアイデンティティ資格情報を使用して政府支払いを正規経路から逸脱させ、金銭を盗みます。政府サービスのデジタル化への圧力がますます増化し、請求書支払いから退職金の管理、融資、政府契約の発注に至るまで、サイバー犯罪のリスクが急速に高まっています。しかし、従来の形式のアイデンティティ評価では、正規ユーザーと有効な資格情報を使用する犯罪者を区別できません。

ThreatMetrixは、不正行為者やサイバー犯罪者が有効な資格情報を使用している場合にも、政府サービスの金銭面での整合性を保護します。ThreatMetrixは、ユーザー固有のオンラインフットプリントとデジタルDNAを把握することにより、犯罪者が偽装したり盗んだりできないデジタルアイデンティティを作成し、政府機関の信頼構築に貢献します。

財務情報の保護

政府機関は、市民と関係者にビザの発行からヘルスケアまで広範なサービスを提供します。プログラムは、システムを悪用しようとする個人を排除しながら、資格のある関係者が確実にアクセスできるようにする必要があります。絶えず増加する消費者と関係者のデータが侵害されて売買されると、政府機関は資格のある受益者と不正行為者を区別することがますます困難になります。

ThreatMetrixの強力なグローバルデジタルアイデンティティ インテリジェンスにより、政府機関は、世界中の45億を超えるデバイスから14億を超える正規のアイデンティティと不正なアイデンティティを識別できます。これにより、資格のある受益者とサイバー犯罪者を区別する認識率が95パーセントまで高まります。

市民サービスの安全確保

規制機関は、業務を遂行する過程で非常に機密性が高い法人業務データを収集します。これは市場を動かすことができるデータです。このようなデータが無権限な状態で開示された場合、規制当局およびその規制者の評判に大きな損害を与える可能性があります。不正行為者とサイバー犯罪者は、さらに洗練されたテクノロジーと手段を使用して、絶えず攻撃を高度化してこのデータにアクセスします。

ThreatMetrixは、あらゆるデジタルチャネルにわたってウェブ対応システムを権限のないアクセスから保護します。弊社のソリューションは、世界中からリアルタイムで数百万のトランザクションを集約し、強力な不正防止デジタルアイデンティティを活用してユーザーを認識し、不正行為者を即座に遮断します。

規制機関の保護

防衛、国土安全保障、法執行、およびその他の多くの政府機関は、膨大なデータの安全確保と同時に、国を守るためにそれらのデータを必要とするユーザーが即座にアクセスできるシステムを管理しています。政府機関内と政府機関間および当該の地方、地域、民間セクターにこの種の安全なアクセスを提供すると、脆弱性が生まれ攻撃者がそれを悪用する可能性が発生します。

ThreatMetrixは、高リスクまたは変則的なイベントにリソースを集中させ、階層型アプローチを防御用に採用するリスクベースの認証を介して悪意のある侵入を防止します。これにより、政府機関は正規ユーザーに負担をかけることなく、盗まれた資格情報を使用する権限のないアクセスを検知する包括的なソリューションを得ることができます。

シールドセキュリティデータ

米国国立標準技術研究所(NIST)は、政府機関のデジタル政府プログラムを保護するためのデジタルアイデンティティガイドラインであるSpecial Publication 800-63-3を発行しました。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • ユーザーを正確に識別して認証する
  • 重要なシステムを保護する
  • 不正行為を識別する

サイバー犯罪者は、盗まれたアイデンティティとスクリプト化されたボット攻撃を使用して、オンラインシステムを容赦なく攻撃します。不正行為者がステップアップ認証に遭遇した場合は、セキュリティ質問への回答およびその他の個人情報をすでに用意していることが多いため、静的認証の信頼性は極めて低いといえます。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • 偽造したり、盗むことができない動的データに基づいてユーザーを認証する
  • 行動インテリジェンスを使用して規範となる行動のパターンを確立する
  • 不正の兆候を示す異常を識別する

デジタル政府サービスに関しては、関係者は簡潔なアカウント作成とログインのプロセスを期待します。関係者は、スムーズで効率的なサービスと安全性を求めます。しかし、関係者はユーザー体験を損なうステップアップ認証を敬遠します。ステップアップ認証に対して犯罪者のように扱われていると感じることも少なくありません。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • 正規ユーザーを即座に認識する
  • パーソナライズされた体験を実現する
  • ユーザーに煩わしさを感じさせることなくサイバー犯罪者を遮断する

ますますつながりが増大する世界で、潜在的な脅威のリアルタイム検知は、政府サービスにとって継続的な課題になっています。正規ユーザーは、想定外の行動をすることがあります。さらに、巧妙な犯罪者は技術を駆使して正規ユーザーの行動を模倣することもあります。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • ユーザー行動の変化を検知・分析する
  • 行動分析とカスタマイズ可能なツールセットを使用して高度なルールを定義する
  • 不正行為を正確に識別する

ユーザー名とパスワードに依存する静的な認証方式は、もはや有効ではありません。すべての人にアウトオブバンド認証を強制すると、疎外感が生まれます。秘訣は、必要な場合にのみステップアップ認証を使用することです。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • リアルタイムでユーザーを認証して脅威を検知する
  • 優れた不正防止対策を実現する
  • 顧客の負担を軽減する

サイバー犯罪者は、フィッシング攻撃、不正デバイス、悪意のあるペルソナ、共有パスワード、キーワードロガーなどのトリックを使って入手した資格情報を使用し、アカウントに不正にアクセスします。

ThreatMetrixは以下の能力を提供します。

  • リピートユーザーの95パーセントを識別する
  • ログインプロセスを効率化する
  • 不正行為者をリアルタイムで認識する

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink