protected health information

患者、医師、保険料払込者のためのリアルタイムのパッシブ認証

医療機関はThreatMetrix®を用いて、ログインしようとしている患者、医師、保険料払込者が本人かどうかを検証しています。

データ侵害はますます蔓延しており、医療機関は患者情報の盗難や改変を防ぐ対策を講じるよう迫られています。また、患者や事業を危険にさらさぬよう、ネットワークに接続している医療機器や治療設備への不正アクセスも撃退しなければなりません。

ThreatMetrixは、オンラインゲストがビジネスシステムにアクセスする前にパッシブ認証を行います。弊社の強力な分析機能は、脅威を阻止し、顧客、そのデバイス、場所、アカウント認証情報、行動の間の変化する関係に基づいて、アイデンティティを識別します。

私たちは現在、デジタル アイデンティティが大規模に不正アクセスされる「ポスト情報漏えい」の世界に生きています。医療機関は、ユーザーID、パスワード、その他の個人識別情報がサイバー犯罪者に不正取得され、盗んだアイデンティティを使用してアカウントと保険証書が偽造されるという現実に直面しています。

多くの人々は、パスワードおよびその他の静的なIDチェックがほとんど役にたたないことに気づいています。その他の人は、顧客の識別用にデバイスインテリジェンスや帯域外認証を利用しています。ThreatMetrixは、場所、インテリジェンス、そして世界各地からの数十億というオンライントランザクションから得られた脅威分析を使用して、デバイスインテリジェンスを増強しています。これにより、不正行為を正確に特定し、正当な顧客に対する手間を最小限に抑えることができます。

見積もり

ThreatMetrixには、以前利用していたデバイスIDソリューションの機能のすべてがありましたが、さらにデジタル アイデンティティ インテリジェンスが加わりました。旧ソリューションからThreatMetrixへの切り替えは、非常に簡単でした。

— One Call Insurance、Josh Barnsdale

医師がリモートで患者記録にアクセスするスピードとセキュリティは、患者の健康と満足度に大きな影響を与える可能性があります。ヘルスケアプロバイダは、その医師が実際にログインしようとしている人物であることを検証する必要があるだけでなく、標的を定める犯罪者の目からそのやり取りの安全を確保する必要もあります。

ThreatMetrixはデジタルアイデンティティを使って、ユーザーが本人かどうかを透過的に検証します。次に、チャネル全体にわたりマン・イン・ザ・ミドル(MitM)、マン・イン・ザ・ブラウザ(MitB)、フィッシング、セッションハイジャック、キーロギング、その他のマルウェア攻撃からデジタルインタラクションを保護します。

見積もり

ThreatMetrixのインテリジェンスは弊社のクライアント・ベースにより深い洞察を提供し、そのため弊社はリスクに関する意思決定を向上させ、顧客行動に基づくルールをよりスマートに調整することができます。

— Rabobankテクノロジーシステムズ担当ゼネラルマネージャー、Andrew Vickers

サイバー犯罪者は、盗んだアイデンティティ、ユーザー資格情報、スクリプト・ボット攻撃を使用して医療機関を容赦なく攻撃します。 多くの場合、不正行為者はステップアップ認証を回避するために、セキュリティ質問の回答やその他の個人情報を既に入手しており、静的認証の信頼性は極めて低いものとなっています。

デバイス、場所、アイデンティティ、脅威インテリジェンスに基づいた動的な認証は、高品質の認証をリアルタイムで提供します。行動インテリジェンスは、正常な行動パターンを識別し、最終的には、そのパターンから逸脱した行動を識別して、高リスクとしてフラグを設定することができます。

見積もり

ThreatMetrixのビジネス インテリジェンス プラットフォームは、Eコマース企業の収益増加を支援することによって、真の競争優位性を提供します。ThreatMetrixは、弊社のインテリジェンスに不可欠な部分を補うことで、非常に効果的なリスク軽減ツールを提供しています。

— Allpago International、創始者兼CEO、Philipp Bock

HIPAA法では、保護対象となる健康情報を含むシステムやアプリケーションへのユーザーアクセスを厳密に制御することを求めています。また、ウェブアプリケーションやシステムの脆弱性を管理するリスクベースのアプローチも義務付けています。

ThreatMetrixは、ウェブアプリケーションにアクセスするユーザーのアイデンティティを即座に、透過的に検証します。さらに弊社のソリューションは数多くのデバイスとチャネルで行われる高リスクのアクセス試行を特定し、疑わしい行動を検知して、侵害されているユーザーアカウントにフラグを設定します。

見積もり

承認済みのビジネスロジックに従う不正行為を検知するには、ユーザー、デバイス、および個人の特性を関連付ける行動に基づいたアプローチしかありません。...ウェブ行動分析は市場として成長途上にありますが、ユーザーとデバイスを識別するThreatMetrixの能力は、ウェブサイトを運営する企業に恩恵をもたらします。

— Eric Ogren、David Immerman、451 Research、2016年5月号レポート

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink