保険金詐欺防止

成長、収益性、セキュリティの促進

保険会社は、ThreatMetrixを使用して保険証券とアカウントの作成の過程でユーザーのアイデンティティを検証し、権限のないログインを介したアカウントの乗っ取りからアカウントを保護します。

保険会社は、マイクロ保険、利用率ベースの補償、小売金融、資産管理などの新しい分野への拡張を目指しており、その過程で経費を削減し、不正行為者を防止し、高速で効率的なデジタル体験を実現する必要があります。主な戦略は、アイデンティティ評価と認証を顧客体験の初期の段階に移行することです。

保険会社はThreatMetrixを使用して、最大95パーセントの精度でユーザーを即座に透過的に認識し、リスク判定を改善するためのエンタープライズプラットフォームを提供することにより、デジタルチャネルを介した収益性の向上を達成しました。

 

不正行為者は、盗まれたアイデンティティを使用して不正に保険証券を入手したり、ローンを申請したり、金融アカウントをセットアップしたりします。現在、不正によるコストが業界で毎年2,500億ドルを超えています。過去4年間の虚偽の請求だけでも60パーセント増加しました。今日、9件の新規アカウントのうち1件が不正です。

ThreatMetrixは、保険会社がオンラインで処理する利用者の真のアイデンティティを検証して評価し、その利用者との取引に関連するリスクを特定するサポートを提供します。これにより、保険会社のサイトを初めて閲覧したユーザーがアカウントを開く場合にも、保険会社はユーザーの正当性を特定できます。

不正防止対策を顧客体験の初期の段階で移行することにより、キャリアは運用効率を向上し、顧客が求めるパーソナライズされたサービスを提供できます。

見積もり

ThreatMetrixに切り替えたことにより、ThreatMetrixのデジタルアイデンティティ機能による機能強化が確認されました。ThreatMetrixのルールによって、不正が50パーセントであることが予測されました。これは極めて高い数値です。

— One Call Insurance、Josh Barnsdale

新しいデジタルサービスを提供する保険会社が増え続けています。これにより、不正行為者は盗まれたアイデンティティ資格情報を使用して、ユーザーアカウントを乗っ取り、資金の送金、引き出し、受益者の名義変更を行い、またはその他の不正行為をまったく発見されることなく以前より簡単に実行できるようになります。

今日、世界中で毎秒10件のアカウント乗っ取りの試みがあります。このような攻撃により、被害者と保険会社は多大な金銭の損失に直面することがあります。顧客に関しては、ユーザー名とパスワードの変更、アカウントの管理、さらには保険証券の提示要求などの基本的な手続きが必要になる場合もあります。

静的なアイデンティティ資格情報のみに依存する従来の認証システムとは異なり、ThreatMetrixは、盗難または不正の可能性がない数百の動的データ要素を活用します。保険会社は、グローバルに共有されたインテリジェンスを使用して、顧客アカウントに大混乱を引き起こす前に、不正行為者を即座に認識して遮断できます。

見積もり

ThreatMetrixのインテリジェンスは弊社のクライアント・ベースにより深い洞察を提供し、そのため弊社はリスクに関する意思決定を向上させ、顧客行動に基づくルールをよりスマートに調整することができます。

— Rabobankテクノロジーシステムズ担当ゼネラルマネージャー、Andrew Vickers

ソーシャルエンジニアリング、フィッシング攻撃などのスキームでは、顧客は自身に対する犯罪の共犯者になるように仕向けられます。被害者が不正Eメールに埋め込まれたリンクをクリックすると、マルウェアとリモートアクセストロイの木馬(RAT)がデバイスに読み込まれます。

被害者を騙すことに成功すると、サイバー犯罪者は正規のセッションにアクセスして、ログイン資格情報、セキュリティ質問への回答、およびその他の機密の個人情報を盗みます。サイバー犯罪者は、さらにデバイスのセキュリティをバイパスしてデバイスを制御し、ユーザーが不在であるか、注意を逸らしている間に資金を吸い上げることができます。このような違法取引は、正規ユーザーのアカウントから送信されているように見えるため、検知が非常に困難になることがあります。

ThreatMetrixは、高いトランザクションリスクが発生するマルウェア、マン・イン・ザ・ミドル(MITM)攻撃、RAT、さらにルート化されたデバイスの使用を検知します。リアルタイムの行動プロファイリングにより、ThreatMetrixは本人以外の人物からのアカウントアクセス試行を示す異常も検知します。

見積もり

ThreatMetrixは、プロアクティブなセキュリティソリューションの選択肢を提供して、オンライン取引中のユーザー保護を支援します。

- Bankstown市信用組合IT担当マネージャーEnis Huseyin氏

今日のデジタル顧客を取り込むためには、ユーザー体験がパーソナライズされ、効率的であればあるほど有利です。その鍵は、モバイルテクノロジーが握っています。

実際には、想定外の場所にいたり、新しいデバイスを使用している顧客をブロックするのは比較的容易ですが、顧客をサイバー犯罪者のように扱うことは、特に顧客のロイヤルティが非常に低い場合に問題になります。

ThreatMetrixには、デバイス、場所、アイデンティティ、および脅威を評価するための高度なリスクベースの判定機能があります。これにより、保険会社は即座に透過的にユーザーを認証できます。モバイルソフトウェア開発キットによって、アプリとデバイスの整合性を確実に維持できます。その結果、保険会社は不正行為者が正規ユーザーになりすますことを防止しながら、正規ユーザーのユーザー体験を効率化・向上できます。

見積もり

PSD2の新しいオープンバンキングの環境において、モバイルバンキング アプリは顧客維持に不可欠であると考えています。スムーズな顧客体験と包括的なサービス製品提供を継続的に優先させていくことで、モバイル顧客ベースは拡大し続けるでしょう。

ロイズ銀行グループ・モバイルバンキングマネージャーRyan Gosling氏

顧客またはブローカーが保険証書の見積もりを要求したり、年金を評価する場合、プロセスのスピードと精度および総合的な顧客体験がビジネスの勝敗を分けることがあります。

ストレートスループロセスを促進するために、保険会社は最初の接触において利用者が正統かどうかを検証する必要があり、リスク判定の向上のために、顧客に対する単一の包括的な視点を持つ必要があります。

ThreatMetrixは、リアルタイムのデジタルアイデンティティインテリジェンスを顧客体験のあらゆる時点で提供します。弊社の標準ベースのデジタルアイデンティティプラットフォームは、複数のソースからデータを統合します。ケース管理には、さらに確認が必要なトランザクションを特定して解決するためのツールがあります。

見積もり

ThreatMetrixは新規市場で、より迅速に包括的に大きく拡大する能力を与えてくれます。

TimesofMoney米国CEO、Avijit Nanda氏

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink