保険証書申請と請求のリスク評価を強化

保険会社はThreatMetrix®を使用して、保険証書申請者が申し込み時点で正規か不正かをチェックしています。これによって、引き受け業務プロセスが加速され、犯罪者を入口で阻止しています。

データ漏えいが広く蔓延するようになるにつれて、保険会社は不正な保険証書申請とゴーストブローカー行為を防止することが重大な課題となっています。即時の見積もりを提供すると、保険会社にデータソースへのアクセス権限を持つ負担を課すことになり、またデータ連携などの課題により運用効率が損なわれる場合がしばしばあります。

スレットメトリックスは、デバイスデータ以外のデータも見ています。当社は、場所、アイデンティティ、行為および脅威に関するインテリジェンスを社内データソースと連携し、顧客を全体的にチェックしてリスクへの意思決定を改善します。

私たちは現在、デジタル アイデンティティが大規模に不正アクセスされる「ポスト情報漏えい」の世界に生きています。保険会社が直面している現実は、ユーザーID、パスワードおよびその他の個人識別情報が不正取得され、そのIDを使用して偽のアカウントと保険証書を作成するというサイバー犯罪が多く行われているということです。

多くの人々は、パスワードおよびその他の静的なIDチェックがほとんど役にたたないことに気づいています。その他の人は、顧客の識別用にデバイス・インテリジェンスや帯域外認証を利用しています。ThreatMetrixは、行動履歴の状況を含めるように、場所、アイデンティティ、脅威分析を使用して、デバイス・インテリジェンスを増強しています。これは異常の検知と誤検知の低減を図り、ユーザーにとって安全で手間のないデジタル体験を実現します。

見積もり

スレットメトリックスには、以前利用していたデバイスIDソリューションの機能のすべてがありましたが、さらにデジタル アイデンティティ インテリジェンスがありました。旧ソリューションからスレットメトリックスへの切り替えは、非常に簡単でした。

— Josh Barnsdale、One Call Insurance

顧客または仲介業者が保険証書の見積もりを要求する場合、業務プロセスのスピードと精度がビジネスの勝敗を分けることがあります。保険会社は、見積もりを要求している人物が正規であることを確認する必要があります。また保険会社には、複数のデータポイントを組み合わせた顧客への単一眼も必要です。保険会社には、リスク判断を改善するためのエンドツーエンド認証、アイデンティティ検証および不正検知用のシステムが必要です。

ThreatMetrixは、販売時点でリアルタイムのデジタル・アイデンティティ・インテリジェンスとスタンダード・ベースのフレームワークを提供し、企業の認証サービスとの統合を円滑化します。ケース管理は、フォレンジック・ポータルを提供し、さらなるレビューを必要とするトランザクションを分析します。

見積もり

スレットメトリックスは、保険業務とリスクを、情報に基づいて即座に判断するために必要な、データ、洞察および可視化を提供してくれます。

、WePayオンライン決済ソリューション

顧客にはセキュリティが必要ですが、面倒さも最小に抑える必要があります。セキュリティのために、顧客をステップアップ認証を要求することは、取引の減少につながり、競合他社に遅れをとることになります。

デバイス、場所、アイデンティティ、および脅威に関するインテリジェンスにより、顧客をリアルタイムで認証を支援します。行動インテリジェンスにより、正常な行動パターンを定義し、そのパターンからの逸脱した行動を特定して、ハイリスクとしてフラグを設定することができます。

見積もり

スレットメトリックスを使用することで、リスクベースの認証を実装できました。当社は、引き続き、不必要なわずらわしさを削減しながら、大切なお客様のオンライン エクスペリエンスを向上させています。

— Evgeny Vinogradov、データ ウェアハウス&分析責任者、Yandex.Money

正規の顧客ログイン行動にみせかける新種の低速ボット攻撃では、ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール(WAF)などで提供される従来のセキュリティ防御を回避できる場合が多くあります。問題は、WAFが顧客のアイデンティティではなく、ウェブサービスに対する攻撃を防止するよう設計されていることです。この脆弱性により、詐欺による損害の増加、信頼の欠如に起因する顧客離れ、誤検知に起因するを企業毀損をもたらし、最終的には株主利益とブランドの価値を損なうことになります。

ThreatMetrixは既存のセキュリティ・インフラ上に配置され、デバイスを通じてデジタル・アイデンティティのパッシブ認証を行うことで、もっとも高度なボットでさえ、ユーザーのデジタル体験を損なわずに検知します。これはボットが人間の行動を模倣し、WAFによるプロファイリングを回避するように特別に設計された高度な侵入への対処を図ります。

見積もり

顧客がモバイルに移行するにつれて、サイバー犯罪者はモバイルへの移行を始めていることは明白です。国境間取引を対象にする自動化された攻撃の出現は、さらに事態を悪化させるでしょう。

— Alisdair Faulkner、スレットメトリックス最高製品責任者、スレットメトリックス研究所

コンサルテーションを予約

ThreatMetrixの専門家によるお客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

詳細を見る
close btn

Powered By OneLink