不正ローンの検知

正規ローンを増やし、不正を防止するリアルタイム認証

オンライン融資会社は、サイバー犯罪者がローンの不正申請を実行する前に、サイバー犯罪者を識別する目的でThreatMetrixを利用しています。

迅速かつ簡単なオンラインローンは、借り手や消費者だけでなく、サイバー犯罪者にとっても魅力的です。不正行為者は、トランザクションサイクルの短さ、多くの漏えいデータ、インターネットの匿名性を悪用します。

ThreatMetrix uses real-time, behavior-based fraud protection to help stop loan fraud at the front door.これにより、不正リスクをリアルタイムで削減し、承認スピードを上げ、手作業レビューを削減します。

近年、大規模なデータ漏えいが何千~何万件も起きており、サイバー犯罪者は、ウェブのブラックマーケットで売買される情報をもとに詳細なアイデンティティ情報を把握しています。この結果、ユーザーID/パスワードなどの多くの静的なアイデンティティ認証方法は、もはやオンライン認証効力を失っています。

Real-time analysis of dynamic information, such as device, location, behavior and threats, gives online lenders and payment providers a powerful tool to fight loan fraud without impeding legitimate customers.

見積もり

静的なPII属性だけに頼るのは、巨額の損失につながる危険性があります。静的なアイデンティティ属性は、つながりやパターンを探す目的で、動的なユーザー情報との組み合わせでのみ役立ちます。これが、ThreatMetrixソリューションが弊社の不正防止モデルの重要なコンポーネントとなっている理由です。

— オンライン融資会社、不正対策責任者

不正行為者は、盗んだ情報を使用してアカウント登録を行います。これが、審査プロセスの正当性を損なう原因です。身元確認、アイデンティティチェック、信用調査は盗まれた正規アイデンティティに対して行われるため、通常はクリアされます。

不正な申請を審査プロセスの初期でフィルタリングすることにより、融資会社や決済代行業者は、審査と手作業レビューへの依存率を下げ、コストを削減できます。これによって、正規取引の処理速度が上がり、不正申請の審査への貴重なリソースの投入を避けることができます。

見積もり

ThreatMetrixを利用することで、つながった不正アカウントのクモの巣を解明することができます。弊社は既知の不正デバイスをほぼ100%識別しました。

— TSB、金融犯罪・不正対策&引き受け業務ディレクター、Jim Winters

オンライン融資会社は処理時間が短く、多くの場合、銀行からの融資が不十分または融資が受けられない顧客を対象に業務を展開しています。新しい顧客を取り込むためには、不正コントロールとセキュリティをあまり厳格に適用したり、面倒な手続きを強いることで正当な顧客を躊躇させたりしないことが重要です。

ThreatMetrixを使用することで、融資会社は、融資審査に面倒な処理を増やさずに、最大95%の正確さで新規のローン申請を即時に認証できます。

見積もり

ThreatMetrixを使用することで、他社に先駆けたリスクベースのカスタム認証を実装できました。弊社は引き続き、不必要なわずらわしさを削減しながら、大切なお客様のオンライン体験を向上させています。

– Yandex.Moneyデータウェアハウス&分析責任者、Evgeny Vinogradov

オンライン融資は、詐欺行為者が返済するつもりのないローンを借りられる手段として利用されています。その際、サイバー犯罪者は、自分の本当の身元や所在を隠すために、盗まれた資格情報、プロキシや場所偽装などのクローキング技術を使用します。

ThreatMetrixは世界の大手融資会社のトランザクションを分析を行い、詐欺行為者が1つの融資会社からの融資を別の融資会社への支払に使用するバストアウト、またはスタッキング不正を防止できるようにしています。

見積もり

世界の銀行や決済代行業者がThreatMetrixのネットワークに情報を提供し、弊社もそれを活用できるため、保護されていることを実感できます。

— MoneyPlace、CRO、Paul Abbey

サイバー犯罪者は、フィッシング攻撃、不正デバイス、悪意のあるペルソナ、共有パスワード、キーワードロガーなどのトリックを使って入手した資格情報を使用し、アカウントに不正にアクセスします。彼らは、いくつかの技術的な抜け穴を探すよりも、無防備な人々を騙すことのほうが簡単だということを知っています。

ThreatMetrixは、アカウントへのアクセス要求を分析するために、ユーザーIDとパスワード以外の情報を活用します。疑わしいパターン、不正デバイス、通常以外の場所(既知のボットネットまたは隠されたプロキシ/VPN からの試みを含む)、その他の異常を識別するためにリアルタイムチェックを実行します。

見積もり

ThreatMetrixは、まさに我々が探していたパートナーでした。堅牢な不正防止機能を持つだけでなく、それを弊社のリスクエンジンおよび機械学習モデルにデータ連携可能な方法で実装できました。

Case Study: WePay Online Payment Solutions

融資会社は、大切な顧客に簡潔なオンライン体験を提供したいと考えています。それと同時に、サイバー犯罪者を自社ウェブサイトから迅速に駆逐しなければなりません。そのためには、リアルタイムで不正行為を阻止しながら、正規ユーザーを明確に区別する必要があります。

世界中の企業がThreatMetrixを使用して、毎日、数百~数千万件のトランザクションを透過的かつ瞬時に分析し、信頼できるデジタルアイデンティティとデジタルアイデンティティを、世界最大の匿名化されたデータベースを使用して判別しています。

見積もり

ThreatMetrixは、瞬時に問題解決の安心感を与えてくれました。弊社は、ThreatMetrixが新しいタイプの不正を防止するために進化を続けていることも知っていました。

— Kabbage、COO、Kathryn Petralia

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink