不正なアカウントや侵害を受けたアカウントを検知するリアルタイム・パッシブ認証

ストリーミング・メディア・サイト、ソーシャル・ネットワーク、フォーラム、デジタル・コンテンツ・ウェブサイトでは、ThreatMetrix®を使用して不正アカウントを阻止し、侵害されているアカウントを検知し、ユーザが生成した攻撃的なコンテンツや不適切なコンテンツを排除しています。

デジタル・メディアを利用する顧客は、関連性がある高品質のコンテンツをいち早く手に入れることを望んでいます。しかし、クレジット・カード詐欺からソーシャル・エンジニアリング、それらの中継まで、乗っ取ったアイデンティティや偽造アイデンティティを不正な企みに使うサイバー犯罪者は増加する一方です。

スレットメトリックスは、行動に基づくリアルタイムの不正検知を利用して、訪問者が本人かどうかを確認し、お客様の顧客やビジネスに影響が及ぶ前に不正行為を止めさせることができます。

偽造アイデンティティや盗まれたアイデンティティを使用して作られたユーザ・アカウントは、不正利用される可能性があり、ブランドの印象に著しい影響を及ぼすことが考えられます。また、顧客も、自分のアカウントが侵害されたり、貴社の一社員になりすましたサイバー犯罪者にだまされて個人情報を漏らすような事態が生じると反感を抱くようになります。

スレットメトリックスは、たとえ犯罪者が有効なログイン資格情報や個人情報を持っていたとしてもその正体を特定します。これは透過的に行われるため、正規ユーザは業務を中断されることなく操作を続けることができます。

見積もり

スレットメトリックスは、弊社のアカウント登録を監視する能力を飛躍的に向上させました。スレットメトリックスのおかげで、弊社サイトにアクセスする新規登録者に無料トライアルを安心して提供できるようになりました。

–Garrett Goff、不正行為部門責任者、Netflix

データ侵害が発生すると、犯罪者らは大規模なトランザクション・スパイクを引き起こす大がかりな資格情報テスト・セッションを開始します。多くの人がパスワードを再利用する傾向にあるので、ログインを試みると成功する場合があるのです。

ログインに成功すると、入手したパスワードとログイン情報の組み合わせをまとめたリストを他のサイトで利用し、人間の行動を真似て、ウェブ・アプリケーションのファイアウォールに設定されている速度制御を巧みに回避するよう設計された低速攻撃を開始します。

ThreatMetrixは早い段階でボットを特定し、ネットワーク・セキュリティ・システムと連携してお客様のビジネスと顧客の安全を確保します。

見積もり

承認済みのビジネス・ロジックに従う不正行為を検知するには、ユーザ、デバイス、および個人の特性を関連付ける行動に基づいたアプローチしかありません。...ウェブ行動分析は市場として成長途上にありますが、ユーザとデバイスを識別するスレットメトリックスの能力は、ウェブサイトを運営する企業に恩恵をもたらします。

— Eric Ogren、David Immerman、451 Research、2016年5月付けレポート

行動分析では、疑わしい活動、スパムや悪意のある行為をリアルタイムで監視し、Eメール・アドレス、トランザクション、アカウント、デバイス、IPアドレス、地理的な場所、プロキシ、住所など、関係性がある「エンティティ」と関連付けます。

ThreatMetrixは、現行のトランザクションを世界中の関連するトランザクションとリアルタイムでリンクさせます。次に、現在と過去の属性の相違(異常性)または収束(類似性)について、行動にスコアが付けられます。これにより、不正行為と安全性を正確かつ包括的に見極めることができます。

見積もり

スレットメトリックスの最大の利点の1つは、弊社のビジネス要件に合せて柔軟に対応できる点です。一部の技術の制約に合わせてビジネスを再構築する必要はありません。特定のゲームやパブリッシャーに固有のルールとトランザクション・スコアを設定できます。このことは、潜在的な不正攻撃に迅速に対応できる柔軟性をもたらします。

- Stacy Martin、顧客サポート担当取締役、Offerpal Media

コンサルテーションを予約

ThreatMetrixの専門家によるお客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

詳細を見る
close btn

Powered By OneLink