概要

この入国管理局は、自国の国境を守るため、海外の申請者のアイデンティティが本物かどうかを明確に把握する必要がありました。

管理局はThreatMetrixを採用することで、各オンライン申請へのリスクレベルを正確に決定できるようになりました。これにより、申請処理前に、申請者のより正確な特定が可能になりました。管理局は次のことを実行できます。

  • オンライン申請をより効率的に処理し、第2段階の面接に進む前に不正申請数を削減します。
  • 申請者に警告を出さずに、匿名の行動または活動を特定し、フラグを立てます。
  • オンライン申請プロセスの開始時に、より簡潔な過去のペルソナと行動インテリジェンスを収集します。
ビジネスの課題

政府当局への申請は多くの場合、手間のかかる物理的確認方法でしか検証できない海外でオンラインで実行されるため、政府に多額の費用がかります。面接を行っても、管理局にユーザーの経歴や真のアイデンティティが特定できるとは限りません。正確な意思決定や承認が行われない場合には、このような状況で問題が起こる可能性があり、犯罪者やテロリストの申請を成功させてしまいます。

政治不安、海外出張、デジタルエコノミーの成長により、政府当局は、テロ行為、スパイ行為、オンライン不正活動の進化する脅威にさらされています。

政府当局が直面した主な課題の1つは、申請者の幅広い多様性でした。人々は世界中のさまざまな場所から申請しているため、各申請者を面接して正確な評価を行う必要がありました。それでも、管理局には申請者のデジタル アイデンティティ データを見ることができませんでした。高リスクの申請者はこの過程を潜り抜ける可能性があり、それを防御できる耐性はたいへん低いものでした。

不正は、その他の官公庁でも上昇傾向にありました。同管理局は、国境への玄関口として見なされていたため、オンライン申請の最初の時点でペルソナまたは行動の異常性を特定できることが必要不可欠でした。同局は、他の官公庁から内部調達した静的なアイデンティティ評価データを、接続しているユーザーデバイス、場所、行動プロファイルに関するダイナミックなリアルタイムのグローバル アイデンティティ データと組み合わせる方法を必要としていました。

デジタルアイデンティティ評価の利用により不正検知を強化

同管理局はビジネスモデルを、より物理的な手動の承認プロセスから、地元や海外から発信されるエンティティの異常性のある活動について、迅速、簡潔、スムーズな識別を可能にする堅牢な自動化モデルへと移行できました。ThreatMetrixが提供する主な要件は、リアルタイムのグローバル アイデンティティ データのサポートによって、スムーズかつ迅速な申請承認プロセスを提供することでした。

ThreatMetrixソリューションは、ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークのインテリジェンスを使用して、リアルタイムで申請を受動認証し、不必要なわずらわしさを削減し、効率化されたオンライン体験を維持します。

共有グローバルインテリジェンス

ThreatMetrixのソリューションは、ログイン、決済、新規アカウント登録など、毎日数百~数千万人のお客様とのインタラクションで発生する共有グローバルインテリジェンスを活用するデジタル・アインデンティティ・ネットワークによって支えられています。ThreatMetrixはこの情報を使用して、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザーに対して独自のデジタルアイデンティティを活用します。政府当局は、すべてのローン申請のコンテキストを完全に解明できたため、疑わしい行動のリアルタイム検知が可能になりました。

デジタルアイデンティティは、以下の主要なインテリジェンスを組み合わせることによって作成されます。

  • デバイスプロファイリング-デバイスの特定、デバイスの状態、アプリケーションの完全性、クローキングやスプーフィングの場所検知(プロキシ、VAN、TORブラウザ)。
  • 脅威インテリジェンス-マルウェア、リモート・アクセス型トロイの木馬 (RAT)、自動ボット攻撃、セッションハイジャック、フィッシングアカウントのポイントインタイム検知を利用して、既知の犯罪者やボットネット攻撃などの全世界にある脅威情報と組み合わせたもの。
  • アイデンティティ・データ -ユーザー名、Eメールアドレスなど規制対象外の匿名化個人情報を組み合わせたもの。
  • 行動分析-アイデンティティとトランザクションのメタデータをデバイス識別子、接続、場所の特性と組み合わせて、正規ユーザーの行動パターンを定義各イベントはこの行動パターンのコンテキストと履歴のコンテキストに照らしてグローバルに分析できます。
長期的な成功

申請プロセスでの真のユーザーアイデンティティを理解する同局の先駆的なアプローチは、次の主なThreatMetrixの機能でサポートされています。

  • ThreatMetrix スマートIDは、Cookieが削除または無効化されている場合でも、リピートデバイスを認識できます。スマートIDは、多くのブラウザ、プラグイン、TCP/IPの接続属性の分析に基づき、いつ犯罪者が同一デバイスを使用して不正申請を行うか、またはいつミュールを使用して申請を完了するかを識別するための信頼度スコアを生成します。
  • ThreatMetrixのトラスト・タグにより、同局は犯罪者と正規ユーザーを区別できます。トラスト・タグは、オンラインの属性、デバイス、Eメールアドレス、クレジットカード番号、オンライン申請の承認、拒否、レビューなどの属性の任意の組み合わせと動的に関連付けできます。
  • ThreatMetrixの精密なつながり分析技術によって、政府当局は異常なイベントや疑わしいイベントに対して明確な視点を持つことが可能になります。犯罪者は、姿を隠そうとしたり、プロキシ、VPN、TORブラウザなどのアイデンティティ隠蔽を試みます。ThreatMetrixは、これらのテクノロジーの使用を正確に検知し、プロキシやVPNの場合は、長期にわたり集積されたグローバル アイデンティティ データに照らして、各イベントの真のIPアドレス、地理情報、その他の属性の検知を可能にします。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink