概要

Kabbageは、独自のプラットフォームを活用して、中小企業に数分で資金調達する革新的なオンラインレンダーです。2011年からKabbageは、短期運転資本として16億ドル以上貸し付けてきました。Kabbageの金融テクノロジーは、リアルタイムのビジネスデータをレビューして、従来の信用属性に頼るのではなく、堅牢な引き受けと信用リスクの決定を通知します。

Kabbageは、従来の賦払いローンではなく、最大150,000ドルの継続的信用貸しへの柔軟なアクセスを顧客に提供します。 これは成長中の企業にとって極めて魅力的な提案です。

Kabbageは、盗まれた資格情報をローン申請に使用する不正行為者を正確に識別するために、ThreatMetrixソリューションを採用しました。高度なソリューションにより、Kabbageの不正損失を削減し、長期的な収益を保護し、Kabbageが迅速な承認プロセスを支持することを確保します。

「ThreatMetrixは、不正に対する課題を解決してくれました。また、弊社は、ThreatMetrixが新しいタイプの不正を防止するために進化を続けていることも知っていました。」

Kathryn Petralia、COO、Kabbage

ビジネスの課題

Kabbageのシームレスな申請とレビュープロセスは、ペースの速い中小企業を独自にサポートし、高い顧客満足度に寄与します。Kabbageは、申請プロセスのシンプルさを保ちながら、不正なデジタルアイデンティティを正確に特定するソリューションを必要としていました。

ThreatMetrixにより、Kabbageは、顧客の数が増え続けるとき、不正のリスクを緩和しながら、スピードと容易な使用を最大化することができます。ThreatMetrixは、以下の2つの価値提案を提供します。

  • ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークによって能力が強化されたKabbageは、「優良」または「悪質」なデバイスIDまたはIPアドレスを自信を持って特定できるようになりました。ThreatMetrixは、申請者のプールから確認された犯罪者を直ちに排除し、Kabbageプラットフォームを正規の中小企業申請者のレビューから解放します。
  • ThreatMetrixのデバイスに基づいたソリューションにより、Kabbageは業界トップクラスの正確さとセキュリティで、デジタルアイデンティティを現実の企業に体系的にマッピングすることができます。
不正申請の削除

Kabbageは、静的なアイデンティティ評価をパスした不正ローン申請者をパッシブに確認するための効果的な不正対策ソリューションを必要としていました。ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークは、専有グローバル・インテリジェンス・ネットワークで既存顧客の情報を照合し、申請者の真のアイデンティティを正確に判定するKabbageの能力を支援します。

悪質な申請者の特定:

ThreatMetrixは、Kabbageのテクノロジーを統合して、不正の可能性を持つ申請者を特定、記録、拒否します。このソリューションは、犯罪者のアカウントと関連するデバイスとアイデンティティを関連付け、グローバルネットワーク全体で今後の不正を防ぎます。ThreatMetrixにより、Kabbageはデバイスに基づいたパターン、行動、不正なアカウントに関連付けられた属性を特定することができます。

優良な申請者の認識:

ThreatMetrixは、Kabbageの既存の不正対策を補完し、業界トップの引き受けスピードを維持しながら、正規申請者をパッシブに検証します。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink