概要

MoneyPlaceは、オーストラリアに拠点を置く、急成長中のP2Pの革新的レンダーで、ユーザーの信用履歴に基づいた独自の利率と適切な投資家とのマッチングという分野を開拓してきました。MoneyPlaceには、マーケットプレイス・レンディングを従来の銀行ローンに代わる、手頃で効率的なものにするというビJohnがあり、優れた信用格付けのある申請者に報い、銀行からの融資が不十分または融資が受けられないオーストラリアの国民にサービスを提供しています。

「サイトにアクセスしてくる危険人物をThreatMetrixが見事に識別したのを目の当たりにして以来、ThreatMetrixは弊社にとって不可欠なものとなりました。これによって今では、弊社システムに完全な信頼を寄せています。」

Paul Abbey、CRO、MoneyPlace

この大衆向きのレンディングモデルは、レンダーとローン申請者の信用を維持するために、不正な活動の入念な検知に頼っています。MoneyPlaceはThreatMetrixにより、申請のライフサイクルを通して高リスクの行動を正確に検知できるようになります。これにより、MoneyPlaceには以下が可能になります。

  • すべての申請者に最も競争力のある利率を提供
  • レンダーの投資を保護し、不正損失を削減
  • わずらわしさのない迅速な合理化ローン申請サービスの体験を正規申請者に提供

「世界最大の銀行と決済プロバイダーがThreatMetrixのネットワークに情報を提供しており、弊社もそれを活用することができるため、それにより、保護されていると実感しています。」

Paul Abbey、CRO、MoneyPlace

ビジネスの課題

ニッチ市場で事業を展開する新時代型ファイナンス・プロバイダーは、革新的なレンディングモデルの利用をたくらむ犯罪者の主要な標的です。オンライン環境は、盗んだりなりすましたりした資格情報のテストを計画するサイバー犯罪者に理想的なレベルの匿名性を提供します。

MoneyPlaceにとって主な課題は、犯罪者が信用調査機関とその他の静的データソースの網をかいくぐっていることでした。MoneyPlaceは、信用調査機関から調達した静的なアイデンティティデータを、接続しているユーザーデバイス、場所、行動プロファイルに関するダイナミックなリアルタイムデータと組み合わせる方法を必要としていました。

「ThreatMetrixは、他のデータソースが完全に見逃している犯罪者を弊社に警告します。デバイス、場所、個人情報がThreatMetrixのネットワークで保持しているデータと相関しない場合、フラグが立ちます。場合によっては、これらのアイデンティティは他の信用調査機関によりすでに合格していました。」

Paul Abbey、CRO、MoneyPlace

ダイナミック共有インテリジェンスの力の利用

「偽名」と呼ばれる申請者がMoneyPlaceのシステム内に存在し、3年前の信用調査機関のファイルに一致していたことは信じがたいです!このことは、ユーザーがオンラインで行う取引方法に関連したダイナミックなリアルタイムインテリジェンスと組み合わされてない限り、静的アイデンティティ評価は実質的に無効であることを意味します。

ThreatMetrixソリューションでは、ユーザーのトランザクションデータを、ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークのダイナミックなインテリジェンスと照合することにより、MoneyPlaceのローン申請者をリアルタイムで受動認証します。

デジタルアイデンティティのグローバルネットワーク

ネットワークは、ログイン、決済、新規アカウント申請など、顧客が日々行う数百~数千万件のやり取りから生成されるグローバル共有インテリジェンスを収集・処理します。ThreatMetrixはこの情報を使用して、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザーに対して独自のデジタルアイデンティティを活用します。この信頼できるデジタルアイデンティティから逸脱した行動は、リアルタイムで正確に識別され、潜在的な不正に関するアラートがMoneyPlaceに通知されます。疑わしい行動は、トランザクションが処理される前に審査され、ステップアップ認証または拒否の判断を下したり、フラグを立てたりすることで、正規ユーザーにわずらわしさのない体験を提供できます。

本当の場所を知る

「偽名」の場合、トランザクションの場所がサウスロンドンでしたが、すべてのその他のアイデンティティ情報がオーストラリアの住人であることを示していたため、ThreatMetrixはアラートをトリガーしました。

犯罪者は、場所を隠そうとしたり、隠蔽されたプロキシ、VPN、TORブラウザなどのアイデンティティ クローキング サービスを試みることが多くあります。ThreatMetrixは、これらのテクノロジーの使用を正確に検知し、プロキシやVPNの場合は、MoneyPlaceは、長期的にグローバルなアイデンティティ・データにより裏付けられることにより、各イベントの真のIPアドレス、地理情報、その他の属性を確認できます。

疑わしいデバイスの行動の検知

申請者がオンラインの承認プロセスに進む際、ThreatMetrixがおそらく5回プロファイルしたデバイスを所有している可能性があります。ThreatMetrixは、申請者が1台のデバイスでローンを申請せず、その後異なるデバイスに切り替えて、資金の引き出しを確認することができます。これはマネーミュールの状況を示している可能性があります。また、ThreatMetrixスマートIDは、リピートユーザーが、Cookieの削除やプライベートブラウジングの利用、および他のパラメータの変更によってデバイスのフィンガープリンティングを迂回しようとした場合、そのユーザーを特定します。リピートユーザーを正確に検知し、誤検知を削減します。

「それは驚くべきソリューションになっています。貴社が物事に適応するスピードは見事です。ThreatMetrixは、非常に広大なネットワークを持っており、デバイスでの範囲とヒット率は驚異的です。」

Paul Abbey、CRO、MoneyPlace

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink