国際詐欺組織

国際資金移動はグローバルな組織犯罪にとって不可欠なツールです。ヨーロッパ、北アメリカ、アジア、オーストラリアへのリンクで連結した詐欺組織は、国境を越えた資金移動を必要とする精巧かつ複雑な策略を使用します。

税金詐欺を目的としたアイデンティティ盗難

OFXがその発見と削減に貢献したそのような策略の一例は、複数の管轄区域にまたがる税金詐欺です。この策略には、複数の管轄区域における税金還付請求を目的とした個人情報の盗難が含まれます。これはデータ侵害から始まり、それにより詐欺組織は、個人の名前、住所、年齢、性別、電話番号などの個人情報へのアクセスを取得できるようになります。

詐欺組織は不法にアクセスしたデータを入念に分析し、税金還付を受ける資格のある個人を選択します。選択が完了すると、正当な個人情報を使用して偽のアイデンティティを構築します。場合によっては、詐欺組織は不正に取得した正当なアイデンティティのプロファイルに一致する、入念に選ばれた偽のアイデンティティを確立するために、現地組織の一員を使用します。ここにその一例として、米国で育った、30代半ばの男性のジョン・スミスを挙げます。詐欺組織は、一致する経歴を持つ男性(サム)を注意深く選び、次に検証と本人確認の目的にジョンの個人情報を使用して、不正なオンライン銀行口座の開設用に偽のアイデンティティを確立します。

不正なオンライン銀行口座が設立すると、ジョンの正当な個人情報は、還付金を不正なオンライン銀行口座に振り込むように仕向ける、架空の税金還付の処理に利用されます。

その一方で、詐欺組織は、別の国で受益者の銀行口座へのアクセスを設定または確立します。この目的は、ジョンの個人情報を使用して、不正なオンライン銀行口座の設定を介して、だまし取られた還付金を管理し、その資金を海外の詐欺組織の口座に送信することです。

OFX 対 詐欺組織

2015年、OFXは多くの国々で上記のような税金詐欺のターゲットとされました。不正な銀行口座の設立後、詐欺組織は不正に取得した情報を使用して、OFXでオンラインFX口座(外国為替口座)の登録を行いました。この盗まれたアイデンティティは、OFXのID検証の処理に利用されました。

OFXは、申請書を提出していないと主張する個人の名義での顧客登録を特定しました。OFXは不正口座の登録を確認した時点で、ThreatMetrix研究所と協力してデータを分析するとともに、数多くの政府機関と金融機関と緊密な連携を図りながら、発生した事象の解明に取り組みました。OFXの詐欺対策チームは、被害が疑われる特定された個人の口座に関連した、複数の不正申請の特定に成功しました。

OFXによる詐欺の摘発方法

ThreatMetrix研究所は、毎月10億件を超えるトランザクションから得られる共有インテリジェンスに基づいた、世界最大のデジタル・アイデンティティ・ネットワークを備えています。ThreatMetrix研究所の支援のもと、OFXは偽の口座設定の確立に関する徹底した遡及的調査を実施し、盗まれた静的認証情報を超えた領域に到達することができました。口座登録に利用されるIPアドレスやデバイスなどに限定されないあらゆる動的な情報と、それらに関連付けられたEメールアドレスを分析することにより、ThreatMetrix研究所はOFXによる詐欺組織のデジタル・アイデンティティの特定に協力できました。

OFXのThreatMetrix研究所プロファイルの調整に従って、詐欺組織は口座のなりすましを試みるために、不正に取得した個人情報を利用する手口を変更する必要がありました。ThreatMetrix研究所ネットワークからのリンクと関連性の情報を活用することで、OFXは詐欺組織から発生しているトランザクションの特定に成功しました。この監査により、OFXは政府機関によるその他の被害者の特定を支援し、業界のワーキンググループの一員として、50人を超える被害者の識別に協力し、合計およそ17億ドルを適切な政府機関に返還することができました。

継続的に実施される強化されたアイデンティティ評価

OFXは、引き続きThreatMetrix研究所との連携を通じて詐欺行為の脅威との攻防を続けています。ThreatMetrix研究所によって提供される莫大な収集情報を活用し、 OFXは、チャネル、ユースケース、場所、提示された資格情報、個人識別情報に関係なく、デバイスとその他のデジタル属性を追跡調査しています。

長期的な効果

ThreatMetrixを実装した後、OFXは、以下の主要な機能を活用して不正を防止し、成長を続けるオンラインFX業界におけるリーダーとしての地位を維持しています。

  • 詳細なコネクション分析技術は、通常と異なるトランザクションのより明確な見解をOFXに提供します。犯罪者は、場所を隠そうとしたり、隠蔽されたプロキシ、VPN、TORブラウザなどのアイデンティティ クローキング サービスを試そうとします。ThreatMetrix研究所は、これらのテクノロジーの使用を正確に検知し、プロキシやVPNの場合は、各トランザクションの真のIPアドレス、地理情報、およびその他の属性をOFXに提供します。
  • デジタル・アイデンティティ・ネットワークは大量のトランザクションを分析し、新規アカウントに関連付けられた識別属性、特性、および行動にOFXがアクセスすることを可能にします。
  • ThreatMetrixのレイヤー化されたアプローチにより、デバイス、脅威、ペルソナ (デバイス、履歴、トランザクション、Eメールおよびその他の属性の組み合わせ)に関する情報を通じてエンド・ユーザーの真のデジタル・アイデンティティを確認します。同時に、リアルタイムの意思決定分析プラットフォームによって、信頼できるOFXの顧客を潜在的な詐欺師と区別するための追加情報を提供します。

「ThreatMetrix研究所によって提供されるテクノロジーを活用してOFXは、OFXプラットフォームを巧みにすり抜けようとする詐欺や犯罪活動の検出、阻止、防止、そして調査をより効率的に行うことができます。」

Deb Wood

コンサルテーションを予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink