概要

2015年、世界のギャンブル市場の総額は4,000億ドルに達すると予想されています。ギャンブルは世界的に人気のある娯楽です。オーストラリアでは、80%を超える大人が何らかのギャンブルをしています。大多数のギャンブラーが大当たりを当てるスリルと興奮を楽しみますが、ギャンブル中毒という側面があり、大きな懸念を生んでいます。約50万人のオーストラリア人は問題のあるギャンブラーになるリスクがあるか、またはすでになっていると考えられています。

問題のあるギャンブルの悪い影響は、雪だるま式に膨らみ、家族の多くの人の人生に影響を与え、債務と家族関係の崩壊を通じてより社会にも影響を与えています。この問題のあるギャンブルの社会的コストは年におよそ47億豪ドルと見積もられています。そしてこの問題に対する懸念は拡大しています。

ギャンブル業界は、責任のあるギャンブルを支えて推進することを求めるプレッシャーがますます強くなっています。重要な成功のひとつ(現在は規制されている)は、問題があると懸念されるギャンブラーの自己除外のプロセスです。しかし、ThreatMetrixの顧客にとって、このようなシステムを導入することは難しいことでした。通常、中毒の行動は止めるのが困難で、テクノロジーにくわしいギャンブラーが複数のアカウントまたはアイデンティティを維持してギャンブルを続けられるようにすることには何の問題もありませんでした。この状況は、コネクテッドデバイスやデジタルアクセスの成長により以下の様に悪化しました。オンラインギャンブルはかつてないほど簡単にでき、ユーザーを追跡するのはますます困難になりました。

ビジネスの課題

ゲームの運営者は問題のあるギャンブラーや、特に自己除外者を特定するためのより良い方法を見つける必要があります。それによりギャンブルを効果的に制限することができます。これはギャンブラーの個人情報を追跡し続けるだけでなく、それぞれのギャンブラーに特徴的な行動特性を識別するよう試みることです。ギャンブラーが新規アカウントを開設し、あるいは共有または「借りた」アカウントへアクセスした場合、ギャンブラーは検知され拒否されるということです。

問題が拡大する前に苦悩する自己除外者を特定する

このゲーム運営者の課題は、基本的な個人情報を使用して、問題のあるギャンブラーを追跡しようと試みることでした。除外されたアカウントを監視できましたが、サードパーティのアカウントを使用した場合、または異なる認証情報で別のアカウントを開設した場合、ギャンブルからの自己除外者をブロックすることは困難でした。

ThreatMetrixはトラスト・タグを導入してエンドユーザーの真のアイデンティティを検証しました。これにより、ギャンブル事業の運営者は、誰がギャンブラーかをずっとはっきり把握でき、アカウント、提出された認証情報、名前の変更にかかわりなく、自己除外者を効果的に追跡できるようになりました。

ThreatMetrixのトラスト・タグにより、ギャンブル事業の運営者は特定のギャンブラーについて持っているすべての情報の断片にでも「タグ」付けができ、その人物の独自のデジタルアイデンティティを構築できました。基本的な認証情報と同様に、トラスト・タグにはIPアドレス、デバイスの詳細、クレジットカード、Eメールアドレス、位置情報が含まれています。250名近いユーザー固有の複数情報を収集・維持することで、オペレーターは、より高い正確性でギャンブラーを特定できるようになりました。ギャンブル取引の最中にこれらの情報の断片のどれかにフラグ付けされた場合(たとえば、同じIPアドレスだが、異なるクレジットカード/名前)、運営者はアラートを受け調査することができます。これにより非常に積極的なアプローチを講じることができ、既知の自己除外者がギャンブル市場に再度入るのを妨ぐことができます。

長期的に問題のあるギャンブルの影響を低減する

販売開始以来、ゲーム運営者が以下の様な重要な機能を活用して、ギャンブルを継続しようと網をすり抜ける自己除外者数の削減にThreatMetrixは役立ってきました。

  • ThreatMetrixのトラスト・タグによって、ブックメーカーは再利用しようとする自己除外者と正規の顧客を区別することができます。トラスト(信頼性)は、オンライン属性 (デバイス、Eメールアドレス、カード番号、または潜在的ギャンブラーの承認、拒否、レビューに使用されるその他のあらゆる属性)の任意の組み合わせに動的に関連付けることができます。
  • ThreatMetrixスマートIDは、Cookieが削除または無効化されている場合でも、ブックマーカーが過去に使われたことのあるデバイスを認識するのに役立ちます。また多くのブラウザ、プラグイン、TCP/IP接続属性の分析結果をもとに、スマートIDは個人が同一のマシンから複数の賭けアカウントを生成しているかどうかを検知できます。
  • デジタル・アイデンティティ・ネットワークは、ThreatMetrix SaaSソリューションの一部として大量の取引を分析し、潜在的ギャンブラーに関連付けられた識別属性、特性、および行動にブックメーカーがアクセスできるようになります。複数の組織で共有されるデータと、ThreatMetrixデバイスプロファイリングから得られる情報によって、それぞれの顧客に対してユニークなデジタルアイデンティティを設定します。ブックメーカーは、デジタルアイデンティティを使用して、ギャンブラーを高い精度と信頼性で承認するためのポリシーを作成できます。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink