概要

今日のオンラインの貸し手は、しばしば犯罪組織が行う高度な不正と対抗できるようにするための、強力で賢い不正防止ソリューションを必要としています。このオンライン レンディングエクスチェンジは利用者を複数の貸し手、信用パートナーや銀行とつなぎ、特に犯罪者が補完的信用スコアサービスを悪用した高度な不正を経験しています。

レンディングエクスチェンジはThreatMetrixソリューションを使用して、不正を減らす一方、高い手作業によるレビューや不要な信用査定と関連したコストも削減しました。これにより同社は、信頼の評判を維持し、正規ユーザーのわずらわしさを最低限に抑えることができました。

ビジネスの課題

このレンディングエクスチェンジは、顧客に無料の信用スコアと、異なる銀行、貸し手、または信用パートナーからの貸付オプションを提供します。この無料の信用スコアは、レンディングエクスチェンジから手数料を受け取って顧客情報を検証するサードパーティの信用調査機関を通じて提供されます。問題は、犯罪者が信用スコアサービスを悪用した時から起き始めました。盗まれた顧客情報を認証するために新しいアカウントを作り、ダークウェブで転売しています。レンディングエクスチェンジは、犯罪者によるこのサービス利用を止めるために、最初はIPアドレス制限などの従来のネットワークレベルの防御を活用しました。しかし、従来の方法では犯罪組織が使用する高度な犯罪テクニックは打倒できないことが分かりました。

毎週何千もの不正申請を抱え、不正対策チームはペースを維持できず、以下のような強力なソリューションが求められました。

  • 複数のデバイス、IPアドレス、場所を使用している犯罪者もリアルタイムで識別する。
  • 犯罪者を正規顧客から正確に区別する。
  • 信用査定サービス悪用の対策コストを削減する
ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークを活用し、不正の信用査定申請を制限する

ThreatMetrixソリューションはThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークによって支えられています。このネットワークでは、ログイン、支払い、新規アカウント申請など、顧客が日々行う数百万件のやり取りから形成されるグローバル共有インテリジェンスを利用しています。この情報を使用して、同レンディングエクスチェンジは、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザーに対して独自のデジタルアイデンティティを活用します。

この信頼できるデジタルアイデンティティから逸脱した行動は、リアルタイムで正確に識別され、潜在的な不正に関するアラートがレンディングエクスチェンジに通知されます。

ThreatMetrixソリューションのメリット
  • ThreatMetrixスマートIDは、クッキーが削除または無効化されている場合でも、リピートデバイスを認識できます。スマートIDは、多くのブラウザ、プラグイン、TCP/IPの接続属性の分析に基づき、1つのデバイスから複数の不正アカウントの作成を検知する信頼度スコアを生成します。ThreatMetrixソリューションは、新規アカウント作成の試みを、1デバイスにつき週当たり最大で500件検知し、過去1年で何十万もの不正なイベントがブロックされました。
  • 精密なつながり分析技術によって、疑わしいイベントに対して明確な視点を持つことが可能になります。犯罪者は、姿を隠そうとしたり、プロキシ、VPN、TORブラウザなどのアイデンティティ隠蔽を試みます。ThreatMetrixを採用するとは、これらのテクノロジーの使用を正確に検知し、プロキシやVPNの場合は、各イベントの真のIPアドレス、地理情報、その他の属性を検知できます。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink