概要

paysafecard.comは、43か国において世界中の膨大なオンライン加盟店でユーザーが商品とサービスに安全かつ個人的に支払うことができるオンライン決済方法です。paysafecardのバウチャーは、500,000以上の小売店、ガソリンスタンド、食料品店で販売され、オンライン決済に代わる簡単な、プリペイドでの支払いを提供します。これはまた、銀行口座の必要性をなくし、銀行からの融資が不十分または融資が受けられないユーザーによるオンライン決済の利用を可能にします。

MyPaysafecardは、残高管理と口座預入の目的で個人の支払口座を含める機能拡張の機会をユーザーに提供します。

難解な不正行為の世界

paysafecard.comは、正規顧客の行動を把握する必要性を認識していました。不正行為の世界は、非常にペースが速く、犯罪者は絶えず新しい抜け道を探しています。最近では、不正検知チームによるルール作成方法もまた大幅に進化しています。不正行為のルールは最近まで、単純な「If-Then」ソリューションで、不正検知もまた悪意のあるデバイスの認識を要としていました。

「ThreatMetrixは、ルールエンジンの進化に向けたリソース投資の強化というpaysafecardの決定と合致する製品の開発に成功しました。その結果、弊社は、不正を大幅に削減することにより、主な目標を達成しました。」

- paysafecard.com、Hany Razi

ソリューションの設計

paysafecardは現在、ダイナミックなしきい値(スマートルール)を設定して、デジタルペルソナ(PersonaID)を作成し、善と悪をより良く区別することにより、はるかに高度なルールの作成が可能になりました。

顧客へのわずらわしさの削減がこのプロセスの最初のステップでした。不正防止チームの取り組みは、優良リピート顧客に良いスコアを適用することでした。そうすることでpaysafecardは、ビジネスを成長させながら、誤検知件数を約15%削減することができました。これは作業コストの削減と同時に、顧客満足度の向上につながりました。

「弊社は、初期段階の顧客の収束行動のペルソナ ID機能に大きく依存していました」と、paysafecard.comのHany Razi氏は述べています。「顧客行動の分析により、リピート顧客は、同じPOS、同じ店での商品の購入など、高度に予測可能な行動を示していることが明らかになりました。次のステップでは、弊社は同じテクノロジーを利用して、基準から逸脱した高リスクの行動特定を試みました。幅広いPOSを利用し、高リスクのトランザクションにより弊社システムに入力される未知のデバイスは、最初から疑わしく、ThreatMetrixによって信頼できる方法で特定されます。」

「弊社はThreatMetrixのおかげで、健全な優良顧客に影響を与えることなく悪意のあるトランザクションを取り除く、外科的アプローチを利用できます。弊社は今、ThreatMetrixが作成したデジタル・アイデンティティ・ネットワークの初期効果と価値の増大を目の当たりにしています。」

- paysafecard.com、Hany Razi

ThreatMetrixのトラスト・タグを用いた知識の活用

トラスト・タグは、ユーザー信頼性を示すペルソナ内のさまざまな組み合わせのエンティティに適用されるデジタルラベルで、正規ユーザーのわずらわしさを減らし、高リスクの行動をより正確に特定します。

paysafecardはこのテクノロジーを使用し、優良リピート顧客をマークします。これは彼らにより一層高いスコアを与えるためです。トラスト・タグはまた、ルールの複雑さが大幅に増している中、paysafecardによる不正対策の大幅な効果増大を可能にします。

「私たちは、各製品のリリースを楽しみにしています。私たちにとってプレゼントをもらえるクリスマスのようなものですから。すべての拡張機能が、不正行為をより良く断定できるよう、複雑なルールに対応するレイヤーを追加してくれます。」

- paysafecard.com、Hany Razi

「弊社は現在、より良い意思決定を促進するために、複数のタッチポイントからのインテリジェンスを使用しています」と、Razi氏は述べます。「トラスト・タグは、銀行が使用する可能性がある、一種の『ダイパック』として使用されています。高リスクのイベントはマークされており、悪意のあるトランザクションはその後、決済イベント中に特定・検証されます。トランザクションが認識されたら、犯罪者が使用するすべての識別子に非常に粘性の高いフィンガープリントを配置し、不正撃退を支援します。」

ThreatMetrixのスマートルールが実現する、デバイスベースの意思決定から行動ベースのアプローチへ

システム内でのトラスト・タグの配置場所決定で、paysafecardはスマートルールに大きく依存しました。これにより、同社はダイナミックなユーザー行動モデルを作成でき、リスク評価が可能になりました。「異常行動は、これまで以上に複雑になっており、ダイナミックなしきい値を持つことにより、この事実に対応する能力は、今日paysafecard内でルールを設計する方法に大きく影響を与えました」とRazi氏は述べています。「以前はあらゆるものが顧客中心でしたが、弊社は現在、加盟店/流通レベルで評価できるようになりました。イベントの急激な上昇を検知できる可能性は非常に高くなっていますが、ゆっくりと安定成長している時は、しきい値の過剰な変更は不要です。」

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink