概要

ProPayは、小規模の在宅ビジネス起業家から数十億ドル規模のビジネスに至るまでの組織に向けた、シンプルで安全な低価格の決済ソリューションを提供しています。ProPayは、業界初の商業用決済セキュリティのエンドツーエンドサービスのひとつを立ち上げ、機密性の高い決済データを保護するニーズを認識し、直販業界の数百ものクライアントにサービスを提供しています。

直販モデル固有の課題に直面したProPayは、直販クライアントの代理店が不正なトランザクションを最小化しながら、クレジットカードによる支払いを受け入れ、迅速に委託手数料を受領することを可能にする、安全で効率的な方法を必要としていました。

ThreatMetrix研究所を使用して、ProPayは高リスクの行動を検知し、移動中のデータを保護する決済ソリューションの唯一の供給元プロバイダとしての役割を果たしています。Guardian CyberShield℠は、さまざまなビジネスの状況における不正行為に対する防御を支援する、包括的かつ多層的な決済詐欺対策ソリューションを提供しています。

「ThreatMetrix研究所との提携により、データ保護と不正防止を含めるよう、決済サービスの適用範囲を拡大できるようになり、決済を必要とするあらゆる人にとって唯一の供給元プロバイダとなっています。」

Dave Duncan、社長、ProPay

直販クライアントにとって困難が多い不正行為の状況

不正に取得したクレジットカード情報を利用して、多くの犯罪者は新規アカウントを開設し、Eコマース・サイトから製品を購入します。次に製品は、請求先住所と異なる場所に配送されるか、その場所に配送されるようルートが変更されます。クライアントは、製品損失とチャージバックの被害を被ります。

それに加えて、直販クライアントは代理店の維持率を高めるために、場合によっては製品が配送される前に、委託手数料を速やかに支払うことが多くあります。犯罪者は、不正に取得したクレジットカード情報を利用して、オンラインで新規アカウントの開設とサインアップを行い、購入製品に対する販売手数料を受領することにより「二重取り」を行います。不正行為が発見された時点では、クライアントはすでに製品の損失だけでなく、チャージバック料金に加えて、盗まれた委託手数料を負担することになります。

「ThreatMetrix研究所ネットワークのサイズと規模のおかげで、主催するイベントでの支払いの受け入れと委託手数料の受領に関連する固有の課題に対応する、デジタル・インテリジェンス・ソリューションを当社の直販クライアントに提供することができます。」

Mike Cottrell、営業部長、ProPay

ThreatMetrix研究所とProPayによる連携作業

問題:

ProPayのクライアントの一社は、高いチャージバック発生件数と不正行為による損失増加の問題にぶつかり、クレジットカード発行会社による不正行為監視プログラムに登録されました。同会社は、改善計画を打ち立て、チャージバック率の明白な改善を実証する必要がありました。

ソリューション:

ProPayは、クライアントによるThreatMetrix研究所の統合、そして被害を受けた主な不正行為パターンの監視のセットアップを支援しました。ThreatMetrix研究所のデジタル・アイデンティティ・インテリジェンスは、不正に取得した資格情報を使用する犯罪者の正確な特定に協力しました。

結果:

  • 開始から1ヶ月以内に、詐欺発生率がほぼ50パーセント減少
  • ピーク時の毎月90万ドルから毎月わずか1万ドル余りにチャージバック料金負担額を継続的に減少
  • クライアントは不正行為監視プログラムから除外され、5万ドルの罰金を回避
  • 600件を超える不正注文をブロックし、詐欺による損失において100万ドルを節約

免責条項:このケーススタディは、その他のケースや状況において同一または同様の結果が得られることを示唆するように作成されていません。結果は、お客様のビジネスの実情や状況によって異なります。

グローバル・ネットワークの能力を活用して、不正行為を正確に特定する

スレットメトリックス・デジタル・アイデンティティ・ネットワークは、ログイン、支払い、新規アカウント申請など、顧客が日々行う数百万件のやり取りから生成されるグローバル共有インテリジェンスを収集し、処理しています。スレットメトリックスは、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザの一意のデジタル・アイデンティティを構築しています。この信頼できるデジタル・アイデンティティから逸脱した行動は、リアルタイムで識別され、潜在的な不正に関するアラートがProPayのクライアントに通知されます。

決済詐欺の検知

進化を続けているサイバー犯罪の背景は、これまでと変わりなくグローバルなデータ侵害を中心に展開しているように、犯罪者は不正に取得したアイデンティティの資格情報の大部分に容易にアクセスすることができます。ダークウェブから引き出したデータを使用し完全で納得できるアイデンティティを作成しました。これにより、デジタルビジネスにおいて誰と取引しているのか知ることがますます難しくなりました。ThreatMetrix研究所は、信頼できるユーザーと犯罪者のデジタル・アイデンティティの間の逸脱を正確に示すことができます。そのためProPayのクライアントは、盗まれたクレジットカード情報を利用した決済トランザクションをより正確に検知し、チャージバックと委託手数料の盗難を減少することができます。

  • ThreatMetrix SmartIDは、Cookieを削除したり、プライベート・ブラウザを利用していたり、デバイスのフィンガープリンティングを迂回するその他のパラメータを変更した場合でもリピート・ユーザーを特定します。これにより、リピート・ユーザーの検知精度の改善、誤検出の低減、さらに同じデバイスを使用した複数回の支払いを行う犯罪者の特定が実現します。

偽装の達人を阻止する

犯罪者は、組織が高リスクとみなす特定の国や地域からのトランザクションをブロックする、カスタマイズされたルールを設定しているという事実について即座に気付きます。これらのルールを回避するために、犯罪者は居場所の隠蔽や偽装を試みることが多くあります。

  • ThreatMetrix研究所の詳細な接続分析テクノロジーにより、隠されたプロキシやVPNの使用などのテクノロジーの使用を検知し、時間とともにグローバルなアイデンティティ・データにより裏付けられることにより、ProPayは真のIPアドレス、地理情報、その他の属性を確認できます。

コンサルテーションを予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink