デジタルファーストの現代、企業は干渉を起こさずシームレスかつスムーズに顧客と展望を理解・認識する必要があります。残念ながら、従来の認証方式はもはや効果的でも実用的でもありません。データ漏えいや他の高性能の不正アクセスが増加するにつれ、サイバー犯罪者は、広く利用可能な盗難資格情報を使用して、容易に正規のオンライン顧客や潜在顧客の偽装ができるようになってきました。さらに悪いことに、ユーザー基盤全体にわたる包括契約を使用する従来の認証アプローチは、不必要で面倒な混乱の原因になり、ユーザー体験がネガティブなものになります。

ThreatMetrixは、実際に役立つユーザー中心の認証を行うアプローチを採用しています。ThreatMetrixソリューションは、他に類を見ないグローバルアイデンティティおよび脅威インテリジェンスと一体となって、強力なデバイスのバインド、高度な動作のバイオメトリック、詳細な接続場所分析を介して、ほとんどのユーザーを受動的に、目に見えないように認証します。業界をリードするアイデンティティ認識率を持ち、ほとんどすべての顧客と潜在顧客を混乱なく、正確かつ安全に認証できます。認証にはアイデンティティと不正管理がしっかり織り込まれているため、認証のための質問は、開示された実際のリスクの全評価に基づき、必要な場合にのみ実施されます。このインテリジェントな協調型アプローチは、非常に優れたユーザー識別と不正検知を提供する一方で、顧客サービスと会社のリソースへの影響を最小限に抑えます。

ThreatMetrixは、実際に役立つユーザー中心の認証を行うアプローチを採用しています。

多くの企業は、より関連性があり、一般に受け入れられているスマートフォンのバイオメトリックの認証方式を検討し始めまています。しかし、サードパーティおよびカスタム認証サービスを採用するとなると、契約交渉、概念実証、慎重な統合管理などが関わってくるため複雑で長引くことが多く、限られたリソースしかない企業では負担がさらに大きくなります。ThreatMetrix認証オーケストレーションは、ThreatMetrix不正防止ツールと、事前パッケージ化されたサードパーティのサービスを結合できるようにし、また、カスタムサービスの統合を可能にすることで、エンドツーエンドの認証オーケストレーションを簡素化します。

ThreatMetrix認証オーケストレーションは、クラウドと企業データソースおよびサービスへのブリッジを提供するRESTベースのAPIによってサポートされています。統合はプラグアンドプレイのように簡単で、通常は最小限のITサポートしか必要とせず、数週間のうちに完了します。

包括的でオープンなエコシステムとの高度な統合

ThreatMetrix認証オーケストレーションは、ダイナミック意思決定プラットフォームを搭載しており、統合とオーケストレーション、リアルタイム分析、意思決定支援を、デジタルおよび脅威インテリジェンスと結合します。最も重要なことは、このプラットフォームが、世界中の何十億~何百億にわたるトランザクションからのリアルタイム共有インテリジェンスを活用する、ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークによって支えられている、ということです。これにより、デバイス、場所、多種多様な匿名個人情報のつながりの分析を通じて、真のデジタル・アイデンティティに関する固有の全体像が構築されます。

ThreatMetrix認証オーケストレーションは、コアプラットフォームの機能を拡張し、パッケージ化されたサードパーティとカスタムサービスを組み込むことができます。コアのサードパーティ認証サービスには、以下が含まれます。

  • ワンタイム パスワード(OTP)サービス: SMS、Eメール、および音声チャネルを介して送信されるワンタイムパスコードを使用する二要素認証(2FA)により、ユーザーや不審なデバイスを検証します。ThreatMetrix認証オーケストレーションを使用すると、企業は、その他のスムーズなサービスが決定できない結果を出したときに、選択的にチャレンジ応答を実施できます。
  • スマートフォン バイオメトリック サービス: フィンガープリントと、音声、顔、網膜、および署名機能をはじめとするその他の多様なバイオメトリック認証を組み込みます。ThreatMetrixの統合パートナーソリューションを利用するか、既存のプロバイダーと接続します。
  • キャリアIDサービス: 所有者とSIMカードとの通信による動かぬ証拠に基づいて、IPの地理的位置と電話キャリアIDを検証します。キャリア・ネットワークでSIMカードを確認すると、最も高い認証保証(米国国立標準技術研究所(NIST)レベル4)を提供し、セキュアでプライベートで干渉がなくスムーズな1回の暗号チャレンジ応答形式で、ユーザーのアイデンティティを確認できます。
  • アイデンティティ検証サービス: 住所検証属性に名前、住所、電話番号、Eメール・アドレスなど、追加のユーザー情報(特定の住所での居住年数など)、Eメールアドレス履歴を組み込むことによりアイデンティティの評価を高め、機械が生成した情報を使って、詐欺やボット攻撃のフィルタリングを支援します。

ケース管理によるエンドツーエンドのワークフローを特長とする強力なポリシー一本化

認証オーケストレーションはまた、個々のイベントまたは複数のイベントを評価し、手動または自動ロジックを使用して個別イベントまたは複数のイベントを評価・実行し、弊社のプラットフォームの意思決定支援コンポーネントの一部である、ThreatMetrixのケース管理機能と連携して動作します。このワークフロープロセスは、異なるユースケースおよびシステム構成のニーズの変化に合わせて高度カスタマイズが可能です。

信頼できる行動パターンから外れる疑わしいトランザクションは、ケース管理に自動的に転送することができます。プロアクティブな不正検知アプローチを提供し、効率の改善やレビュープロセスの一本化を実現します。

統合された不正管理ソリューション

ThreatMetrix認証オーケストレーションには次のような主なメリットがあります。

  • 接続性
    オープンAPIアーキテクチャにより、既存のデータベースを、新しいデータソースと認証サービスに迅速かつ容易に接続し、認証と不正防止を包括的に管理することができます。
  • スケーラビリティ
    ThreatMetrixは、140を超える世界各国で毎月20億件以上のトランザクションをサポートしています。
  • インテリジェンス
    ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークの価値を高め、組織がリアルタイムでのユーザーアイデンティティ、トランザクション、デバイスの検証を可能にし、追加のステップアップ認証の必要性を減らします。
  • 一本化
    ハブは、エンドツーエンドのワークフロー管理を一本化し、正規ユーザーのトランザクション処理またはチケット発行を自動的に処理しながら、疑わしいトランザクションの手動確認をトリガします。これにより干渉の少ないスムーズな顧客体験が可能になります。

デジタルファーストの現代、企業は干渉を起こさずシームレスかつスムーズに顧客と展望を理解・認識する必要があります。残念ながら、従来の認証方式がこの状況で効果を発揮したり、役立つということはありません。

ThreatMetrixのメリット

  • 高速・軽量の実装: ThreatMetrixソリューションは、クラウドベースで、既存のシステムへの統合はシンプルで簡単にできます。
  • 最新のグローバル知見: ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークでは、最新の脅威インテリジェンスの明確な可視性を実現し、企業に新しい脅威の全体像を提供します。
  • リアルタイム応答性: ThreatMetrixはリアルタイム知見を提供するため、不正な高リスク トランザクションがユーザーアカウントを危険にさらす前に、企業はそれらを特定することができます。
  • サードパーティ サービスとの統合: 企業は、アイデンティティ検証などのサードパーティの統合サービスにより、高リスクのトランザクションを検証し、さらに高いレベルの保証を実現できます。
  • 詳細な分析とレポート: ThreatMetrixは、遡及的およびプロアクティブなフォレンジックデータ分析のレポート作成に加え、データの傾向を精査するためのグラフィカルインタフェースを提供します。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink