手作業によるレビューを必要とする不正のケースが増加しており、多くの組織がそのボリュームに対応するために尽力しています。問題は、多くの組織が、疑わしいイベントの流入管理に、必要なスケールをサポートできないツールを採用していることです。たとえば、多くの組織が既存の顧客関係管理(CRM)システムまたはスプレッドシートを不正の管理に活用しています。しかし情報は単独で抽出されることが多く、手作業で、あるいは別のシステムで分析されます。自動化された処理や情報ルーティングの欠落は、手作業によるレビュー率が高く、ルーティング問題、知識共有の欠如につながります。不正のケースの規模が増加を続けるため、効率はさらに低下し、組織は正規顧客のユーザー体験を損ねるリスクがあります。

ThreatMetrixケース管理

ThreatMetrixのケース管理ソリューションは、追加レビューが必要なトランザクションを特定するソリューションで、複雑さを増す案件も処理できる、よりスマートで統合された手段を提供してリソースの縮小を図ります。これは不正対策アナリストに力を与え、大きな規模の不正の可能性があるイベントを効率的に管理し確認し、効果的な意思決定を行うことができます。最初のイベントのケースへの割り振りから、最後のケースの完了まで、この機能はアナリストに、分析、協力、適切なアクションをケースに対してとるのに必要なツールをすべて提供します。

ケース管理は柔軟なポリシー構成を可能にし、ケース作成プロセスの自動化を管理します。ThreatMetrixのポリシーエンジンに統合され、ルールで、どのような基準が作成されるべきか決定することができます。例えば、財務価値のしきい値を超えたすべての国際送金と新規口座保有者からの国際送金は「高リスク」の列に置かれることがあります。いろいろなユースケースまたはビジネスユニットのために複数の列を作ることで効率的な分業ができ、アナリストは優先順位の高いケースに重点をおくことができます。

ThreatMetrix意思決定支援ポータルではアナリストが詳細な科学捜査に基づくイベントの調査を行うことができます。さらなる調査に正当な理由がある場合、アナリストは手作業で新規ケースを作り、あるいは新しいイベントを既存のケースに加えることができます。

自動および手作業による両方のケース作成両を組み合わせで、アナリストには最大の柔軟性が確保され、一方ビジネスの実務に従うことも担保されます。調査が終了した時は、個々のイベントまたはバルクで適切な措置を講じることによりケースが終了することがあります。ケースに対するアクションには、承認、拒否、無視があります。

上級のワークフロー構成には列のタイムアウトとオーバーフローが含まれ、自動的な意思決定が認められています。列のタイムアウトは列の中にありながら対応されなかったケースの時間に基づくしきい値です。列のオーバーフローは列が含むことができる最大のイベントの数に基づくしきい値です。どちらのしきい値でも、イベントを自動的に受け入れたり拒否したり、また別のキューに移動したり、特定のアナリストに再割り当てすることができます。不正対策チームはそれぞれの列を、既知の手作業確認の速度に基づいて、ビジネスニーズにより合致するように設定できます。例えば、一日または一時間あたりの応答時間とイベント数からの速度などがあります。これらの機能は組織がサービスレベルの契約を満たすように支援します。

また、ケース管理は他のソリューションにもAPI経由で統合でき、ダウンストリームの自動化を図りさらに手作業のニーズを軽減します。ダウンストリームを保留オーダーを実行または拒否するオーダー処理システムと統合することにより、組織は自動的にループを閉じて効率を最大化します。

すべてのケース履歴の完全な監査は、アナリストと組織内の異なるグループと協力を推進する目的で保管されます。これによりチームどうしでケースのメモを共有し、別のアナリストまたは部門に再割り当てすることができます。

ケース管理は動的意思決定プラットフォームの一部で、シームレスにThreatMetrixのフォレンジック・ポータルに統合され、不正検知と管理を単一のソリューションで提供します。ケース管理は、ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークにより提供され、ログイン、決済、新規アカウント登録など、毎日数百~数千万人のお客様とのインタラクションで発生するグローバル共有インテリジェンスを活用します。

数量増加、効率向上、不正減少

ケース管理は、ケースを統合し、下記の利点を提供する使いやすいワークフローインターフェースを提供します。

オペレーション効率の向上:
  • カスタマイズできるケースルーチンでケースのイベントがほぼリアルタイムで利用できる可能性
  • 柔軟なケース定義基準
  • 複数のアナリストへの自動化作業配分
  • より効率的な不正分析が生産性の向上につながる
  • より協力的なデータと知識共有
  • 記録とサードパーティのシステムのダウンストリーム統合
不正減少:
  • フォレンジックな分析と調査のための効果的で多種多様な情報を備えたシステム
  • 統合調査ツール
  • 過去から収集してきた情報に関する知見
  • 自動化されたイベントの関係づけ

完全に統合され、より効率的な不正対策ワークフロー

不正対策チームは、ケースのレビューと管理のために、以下のケースマネジメントライフサイクルを活用することができます。

  • ケースをワークフロー/ケース管理で処理すべきかどうかを判断するための、ポリシーエンジンによるイベントの自動処理
  • スマート プライオリティ オーダー処理で既存ケースへイベントを方向付ける上級検索基準と条件ロジック
  • アナリストは、イベントやケースの属性に基づく、新しいケースの作成、既存のケースへのイベントの割り当て、優先順位の割り当て、再割り当てまたは変更を実行可能
  • それぞれの列のケースで、ケースまたはイベントに適用できるアクションの組み合わせを定義するこれらのアクションには手作業によるレビュー、SMS、または外部アプリケーションや外部サービスが含まれることがあります。ケース内のイベントでは、アクションは、承認、削除、ケースの終了のいずれか
  • ケースを確認するときは、アナリストに過去のデータと調査ツールの権限を付与
  • 継続的な進化をけん引し、過去のケースやイベントから学ぶために、動的な基準値とルールを設定

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink