顧客体験全体の中で、正規顧客と不正行為者をリアルタイムで区別する

日々強化されるネットワーク

グローバルデジタルビジネスでは、円滑なオンライン体験と不正を正確に検知して遮断する能力の間のバランスを取る必要がますます高まっています。この問題は、グローバルデータの侵害が蔓延し、盗まれたアイデンティティデータでダークウェブが溢れることによってさらに複雑になり、不正行為者は説得力のある高度な攻撃を簡単に実行できるようになってきました。不正行為者は顧客になりすまし、正規顧客は煩わしさを感じることなくリアルタイムで認識されることを期待します。

ThreatMetrixは、ログイン、支払処理、新規アカウントの申請などのオンライントランザクションの複雑なデジタルDNAから抽出したデジタルアイデンティティインテリジェンスを照合することによって、リピート顧客を正しく見分ける能力を提供します。

ThreatMetrix IDは、このデジタルアイデンティティインテリジェンスに命を吹き込むテクノロジーで、不正と認証の判断をデバイスからユーザーレベルに昇格し、オフライン行動をオンラインインテリジェンスに結合します。

ThreatMetrix ID ThreatMetrix IDは、ユーザーがオンラインで取引する際に形成する無数にある情報の断片間のドットを接続し、これらの断片間の関係をグローバルレベルでチャネルやタッチポイントを越えて確認します。これにより、企業は単なるデバイス識別を超えることができます。ThreatMetrix IDは、接続する各ユーザーの一意のデジタル識別子、信頼度スコア、およびビジュアライゼーショングラフで構成され、これらが組み合わされて現在および将来のトランザクションの信頼度ベンチマークとして機能します。

このインテリジェンスは、最先端の行動分析、機械学習、ケース管理、および統合機能を組み合わせて、顧客体験全体で最善の信頼度を決定できるように企業を支援するダイナミック意思決定プラットフォームを使用して動作します。それと並行して、ThreatMetrixスマート認証は、業界をリードするリスクベース認証(RBA)と正規ユーザーの負担を最小限に抑えながら顧客アカウントを保護する厳格な手法を提供する強力な顧客認証(SCA)を組み合わせたフレームワークを提供します。

正規ユーザーはシームレスにトランザクションを実行し、高リスクの行動は、トランザクションが処理される前に検知されて手動の評価または拒否のためのフラグが立てられます。

デジタルアイデンティティネットワークの3つのコンポーネント

デジタル・アイデンティティ・インテリジェンス

世界最大のデジタルアイデンティティネットワークからの最高のクラウドソースインテリジェンス

  • ウェブとモバイルデバイスのインテリジェンス: デバイスの識別、ウェブとモバイルにまたがるデバイスの侵害の検知、デバイスの健全性、およびアプリケーションの整合性。
  • 真の場所と行動の分析: 場所クローキングまたはIPスプーフ、プロキシ、VPN、およびTORブラウザの検知、異常なトランザクションボリュームなどの行動パターンの変更の検知。
  • アイデンティティとリンクの分析: アイデンティティとトランザクションのメタデータをデバイス識別子、接続と場所の特性と組み合わせることによる正規ユーザーの行動パターンの定義。
  • ボットとマルウェアの脅威に関するインテリジェンス: 既知の不正行為者やボットネット攻撃などのグローバルな脅威情報と組み合わせたマルウェア、リモートアクセス型トロイの木馬(RAT)、自動ボット攻撃、セッションハイジャック、フィッシングされたアカウントの実行可能な脅威の検知。

ダイナミック意思決定プラットフォーム

デジタルアイデンティティインテリジェンスを使用して、最も正確でタイムリーな決定を行います。

  • 行動分析(ThreatMetrixスマートルール): 正規ユーザーの行動をより良く理解し、本当の不正をより正確に検知するための高度な行動分析ルール。
  • 機械学習(ThreatMetrixスマート学習): デジタルアイデンティティインテリジェンスをスマートルールと統合し、減少した誤検知によって最適化されたモデルを生成する機械学習へのクリアボックスアプローチ。
  • ワークフローとオーケストレーション: 外部データソースをThreatMetrix意思決定エンジンおよび追加の保証または例外処理を必要とするトランザクションのためのアクセスが事前統合されたサードパーティサービスに統合する能力。
  • ケース管理: 追加の評価を必要とするトランザクションの監視、更新、および隔離によって、認証と不正決定の継続的な最適化を可能にし、リソースが減少するケースロードの複雑化に対処するためのよりスマートで統合された方法を提供します。

スマート認証

円滑なRBAを負担が少ないSCAと組み合わせて顧客体験を向上します。

  • モバイルアプリのセキュリティ: アプリケーション自体への侵害を検知し、モバイルデバイスの信頼度を検証します。
  • デバイスバインディング: 既存のデバイスの信用度を活用し、強力なデバイスIDとキャリアIDを用いて認証の反復を回避します。
  • 多要素認証(MFA)セキュリティ保護通知: ユーザーのモバイルデバイスに通知をプッシュして、煩わしさを感じさせずに認証を実現します。
  • バイオメトリクス: FIDO対応、負担軽減、パスワード不要の包括的な認証方法を提供します。

顧客体験全体の中で、正規顧客と不正行為者をリアルタイムで区別する

ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワーク

企業に合わせたThreatMetrixソリューションのパーソナライズ

ThreatMetrixは、企業が独自のプロセスとリスク耐性を組み込むことができる強力なカスタマイズ可能ポリシーエンジンを提供します。これにより、企業はオンライントランザクションに対する応答を微調整および自動化して、敏捷、シンプル、効率的に処理できます。

ThreatMetrixのメリット

  • 比類のないネットワーク: ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークは、毎月20億のトランザクションを活用して得られるインテリジェンスを使用して、14億の一意のオンラインアカウントを保護します。
  • 包括的なエンドツーエンドソリューション: すべてのユースケースと顧客体験全体に基づいて下される不正と認証の汎用的判断。
  • デジタルアイデンティティに命を吹き込む: ThreatMetrix IDは、一意の識別子、信用スコア、ビジュアライゼーショングラフを組み合わせて、すべてのチャネルとタッチポイントにおける一意の正真正銘のユーザーデジタルアイデンティティを理解します。
  • 認証への統合アプローチ: リアルタイムのイベントとセッションデータ、サードパーティのシグナル、およびグローバルインテリジェンスを単一のスマート認証フレームワークに柔軟に組み込み、低いチャレンジ率の一貫した煩わしさの少ない体験を提供します。
  • 高度な行動分析と機械学習へのクリアボックスアプローチ: ThreatMetrixスマート分析は、動的なユーザー行動を分析して、より正確でシンプルなリスクモデルを構築します。その結果、可能な限り低い不正レベルを維持しながら誤検知を減らすことができ、顧客体験における競争力で優位に立つことができます。
  • プライバシーバイデザイン(PhD): ThreatMetrixは、匿名化と暗号化を使用してデータのプライバシーを維持しながらアイデンティティの動的なリスク評価を実現する課題を解決するための独自の能力を持っています。
  • 高速・軽量の実装: ThreatMetrixソリューションは、クラウドベースで、既存のシステムへの統合はシンプルで簡単にできます。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink