オンラインの不正が、グローバル攻撃でこれまで以上に複雑化、ネットワーク化された展望に進化するにつれ、アイデンティティの確実性、正確な認証、およびリアルタイムの不正検知は、調整がこれまでより困難になっています。企業はサイバー犯罪者に後れをとり、その多くは、ビッグデータ プラットフォーム、統合ソリューションの欠如、絶え間なく続く莫大な不正攻撃に苦しんでいます。

今や日常化しているデータ侵害により、ダークウェブには盗まれたばかりのアイデンティティ資格情報が常に供給され、犯罪者は信ぴょう性が高く検知されにくい不正攻撃をいつでも開始できます。

取引相手が誰なのかを突き止めるという企業のニーズは、これまでになく重要になっています。しかし、そのためには、接続ユーザーのデジタル・アイデンティティについて、複数の静的なデータ・ソースと、グローバルなリアルタイム・インテリジェンスを組み合わせることができるソリューションが必要です。

ダイナミック共有インテリジェンスの力

ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークは、ログイン、決済、新規アカウント申請など、顧客が日々行う数百~数千万件のやり取りから生成されるグローバル共有インテリジェンスを収集・処理しています。ThreatMetrixはこの情報を使用して、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザーに対して独自のデジタルアイデンティティを活用します。この信頼性の高いデジタルアイデンティティから逸脱した行動は、トランザクションが処理される前に、インテグレーション・ハブ・サービスを使用してリアルタイムで正確に識別され、フラグを設定して詳細なレビューに振り分けることができます。

サード・パーティ・データ・フィードの統合

ネットワークのデジタル・アイデンティティ・インテリジェンスを運用可能にし、データソースを追加する必要性を把握するため、ThreatMetrixは、ダイナミック意思決定プラットフォームを開発しました。この意思決定プラットフォームには次の機能が組み込まれています。

  • ThreatMetrixスマート分析: ネットワークのインテリジェンスを活用し、各トランザクションのリスクスコアを正確に判定するのに役立ちます。
  • インテグレーション・ハブ: 関連するサードパーティ データソースとカスタムサービスを組み合わせて、高リスクのトランザクションに認証サービスとアイデンティティ検証サービスを追加することができます。インテグレーション・ハブは、クラウドと企業データソースやサービスへのブリッジを提供するRESTベースのAPIです。統合はプラグアンドプレイのように簡単で、通常は最小限のITサポートしか必要とせず、数週間のうちに完了します。
  • ケース管理: 可視化、データ修正、例外処理を行います。

認証

MFA:

大部分のトランザクションは、ネットワークのデジタル・アイデンティティ・インテリジェンスを使用し、デバイス、場所、アイデンティティ、および脅威に関するオンライン行動を相関付けることにより、受動認証できます。高リスクのトランザクション、またはさらなる保証を必要とするトランザクションについては、インテグレーション・ハブが、SMSで送信されたワンタイムパスコードを使用して多要素認証(MFA)を呼び出すことができます。企業は、自社要件とリスク許容度に応じて、この応答をカスタマイズできます。

キャリアID:

ThreatMetrixモバイルSDKは、犯罪者からモバイルプラットフォームを保護する防御の最前線の役目を果たします。ただし、新規アカウント登録や、高リスクとしてフラグが設定されたトランザクションについては、キャリアIDがモバイル認証の強力な第2層として機能します。キャリアIDは、キャリアネットワークでSIMカードを検証し、セキュアでプライベートかつスムーズな1回の暗号化チャレンジ応答形式で、ユーザーのアイデンティティを確認します。

アイデンティティ検証

ThreatMetrixのアイデンティティ検証は、静的なアイデンティティ データソースと、ネットワークに保存されているダイナミック アイデンティティ インテリジェンスを組み合わせて、すべての接続ユーザーの正確なリスクプロファイルを取得します。盗まれたアイデンティティ資格情報がダークウェブで簡単に入手できる限り、静的データだけではほとんど役に立ちません。さらに、サービスの断片化が進んでいる現在、組織は、地理的情報、応答速度、価格だけではなく、ユースケースに基づいて関連データを選択できる必要があります。インテグレーション・ハブを利用すると、ダイナミック デジタル アイデンティティ インテリジェンスと関連する静的アイデンティティデータをリアルタイムで統合できます。

主なメリット

  • シンプルさ: 認証、アイデンティティ検証、不正防止を完全に調整するソリューション。
  • 接続: オープンAPIアーキテクチャにより、迅速かつ容易に新しいデータソースと既存のデータベースを接続し、より良い不正判定を実現します。
  • 柔軟性: ビジネス要件に応じてワークフローをカスタマイズできます。
  • スケーラビリティ: ハブは、140を超える世界各国で毎月数十~数百億のトランザクションをサポートしています。
  • グローバルインテリジェンス: ハブにより、ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークのダイナミックなリアルタイム・インテリジェンスと、その他のサード・パーティ・データ・フィードを組み合わせることができます。このサード・パーティ・データ・フィードは、高リスクのトランザクションや詳細なレビューを必要とするイベントが発生した場合に呼び出すことができます。
  • 一本化: 合理的なエンドツーエンドのワークフロー管理により、オンライン操作のわずらわしさを軽減し、ユーザー体験を強化します。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink