静的データの領域を超えて真のアイデンティティを検証する

デジタルビジネスには、新規アカウントの申請者の真のアイデンティティを明らかにする、包括的かつ多層的なアプローチが必要です。静的データだけを利用しても、犯罪者による容易な盗難やなりすましが可能なため効果がありません。

企業は不正防止と顧客体験のバランスをとる必要があります。リスクに基づいたアプローチでわずらわしさを最小限に抑えながら、低リスクのユーザーを確認できます。

さらなる保証のために、事前に統合されたステップアップサービス(Eメールとデバイスのチェックを含む)は、インテグレーション・ハブを通した高リスクの申請に利用できます。これらは、ITサポートの介入とユーザーへの手間を抑えながら、既存の意思決定フローをシームレスに統合することができます。

ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークは、7.5億の固有のEメールアドレスと7億のIPアドレスを保持し、顧客の真のデジタルアイデンティティのより優れた見解を提供します。サードパーティのサービスと組み合わせることにより、信頼できるユーザーにとって手間のかからない状態を維持しながら、不正な新規アカウントの登録を検知するための包括的なアプローチを提供できます。

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink