銀行や金融機関のオンラインサービスを利用するユーザは、安全で高速な取引を望んでいるが、従来の多要素認証や強力な認証は顧客の利用を遠ざける傾向になりつつあります。また、最近ではサイバー犯罪者が従来の認証を破るための技術や能力に磨きをかけています。ThreatMetrix デジタル・アイデンティティ・ネットワークは、多様な不正行為を減らすために新規口座開設、ログイン、決済でユーザの認証作業の妨げることのない端末、場所、行動、脅威などの分析機能と動的認証を提供します。それにより、オペレーショナル・リスク管理のコストを削減し、より良い顧客体験を実現することができます。

 

本セミナーでは、現在は主に金融業界におけるサイバーセキュリティ対策にグローバルに取り組んでいる他、セキュリティ人材の育成、制御システムセキュリティなどについて幅広く活動されている鎌田様にインターネットバンキングサービスにおける脅威と対策の現状についてご紹介頂きます。また、スレットメトリックス シニアダイレクタ・プロダクトストラテジストによる海外の金融機関が実際にThreatMetrixを利用してユーザの利便性を向上と高い不正詐欺対策技術についてお話いたします。

 

日時:12日18日(月) 13:00 – 16:15 (受付開始 12:30)

会場:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB セミナー会場

参加費:無料(事前登録制)

 

ゲストスピーカー: 鎌田 敬介氏

  • 2002年よりJPCERTコーディネーションセンターにてインシデント対応、脆弱性分析、ネットワーク監視、情報収集分析の業務を経て、早期警戒グループマネージャとして3つのチームを率いる。その後、国際部部長代理として各国CSIRT組織との国際連携を牽引するとともに、主に東南アジア各国における国家CSIRTの設立を支援。2011年より三菱東京UFJ銀行および三菱UFJフィナンシャル・グループにてサイバーセキュリティチームの立ち上げ、戦略立案の中核を担う。社内最年少のITスペシャリストに認定。2014年退職。その後、一般社団法人金融ISACの設立に参画し、現在は主に金融業界におけるサイバーセキュリティ対策にグローバルに取り組んでいる他、セキュリティ人材の育成、制御システムセキュリティなどについて幅広く活動している。

 

スレットメトリックス スピーカー: Michael Yeardley – シニアダイレクタ・プロダクトストラテジスト

  • Michaelはロイズ・バンキング・グループで11年間働いた後、ThreatMetrixに加わりました。最近では、不正行為管理の責任者としてカード、インターネットバンキングなどの中核的な取引全体にわたる不正管理の戦略を担当しています。

 

プログラム:

===========================

12:30 ~ 受付開始・開場

13:00 ~ 13:05 ご挨拶

13:05 ~ 14:00 基調講演 「インターネットバンキングサービスにおける脅威と対策の現状」

鎌田 敬介氏

14:00 ~ 14:30最新 “サイバー犯罪レポート” と スレットメトリックスのソリューション概要

スレットメトリックス シニアコンサルタント 藤井 林

14:30 ~ 14:45 休憩

14:45 ~ 16:15 「海外大手金融企業の成功事例で知る、不正詐欺防止対策のベストプラクティス」

〜 不正利用目的の口座開設、カード申請審査時の最新リスク判定技術導入事例 〜

スレットメトリックス シニアダイレクタ・プロダクトストラテジスト, Michael Yeardley

===========================

 

※個人のお客様及び競合他社様のお申し込みにつきましては、お断りさせていただくことをご了承下さい。

ThreatMetrix合同会社

東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB

TEL:03-4577-6568

close btn