概要

Vantivは、800,000加盟店、1,400金融機関との関係、国を代表するトップ10の小売業のうち25社を顧客に持ち、米国で最大の支払い処理業者の1つで、40年以上の伝統を持っています。Vantivの目標は支払処理を簡素にすることです。そのビジョンはよりスマートに、素早く、容易な支払いを提供することで、事業の成長と成功を推進することです。

データ侵害は日常化しているため、盗まれたアイデンティティと支払認証情報によりサイバー犯罪の火に油を注ぐことになります。Vantivの顧客が自社で妥協する前に、リスクの高い支払取引にリアルタイムで正確に焦点をあてて識別することが必須です。

問題は、静的なアイデンティティ評価だけでは、盗まれたアイデンティティを使用する犯罪者の検知にはほとんど役立たないということです。Vantivは、ユーザーがオンラインで取引するために、構築したすべてのオンライン接続を活用する、動的なデジタル アイデンティティ インテリジェンスを提供できる提携先を必要としていました。ThreatMetrixにより、VantivのEコマースの支払プラットフォームは、世界最大のデジタルアイデンティティのデジタルレポジトリに支えられています。これは、ログインや支払および新規口座の申し込みなどの、日々の何百万もの利用者とのやりとりを通してグローバル共有インテリジェンスを活用しています。

非営利セクターでのアイデンティティテストの増加

Eコマース、店内、オムニコマース加盟店とあらゆる規模の金融機関に加え、Vantivは非営利セクターでかなりの顧客を有しており、その一部はアイデンティティテスト攻撃の増加を経験しています。これらの法人は通常、寄付の障害を最低限にしようとします。つまり、新しいアカウントの登録手続きと支払はできる限りシンプルであることを意味します。問題はこのシンプルさが、盗んだアイデンティティや認証情報データを検知のリスクを犯さずにテストしたい犯罪者にもアピールすることです。

こういった組織は、少額(通常1ドルから5ドル)の支払いを試みる犯罪者により積極的にターゲットにされ、他での高額な購入へと移る前に盗んだ認証情報の有効性をテストされます。テストがうまくいくと、別のサイトでの高額商品への入口になります。

課題はこういった攻撃が非常に素早く行われ、検知が難しいという点です。こういった攻撃は非常に限られたリソースの大きな流出であり、支払い拒否や手数料の額を増やします。Vantivは、信頼できる寄付者と会員のユーザー体験を犠牲にすることなく、非営利の顧客がオンラインでの支払いを認証するのを支援することを望んでいます。

Vantivのeコマースプラットフォームを世界的なThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークの共有インテリジェンスで保護する

Vantivは高リスクまたは疑わしいと思われる行動を検知する方法を必要としていました。場所を隠蔽し、複数の支払いをひとつのデバイスからテストし、あるいはあるプラットフォームへの高速で一連の低額の支払を素早く続ける、不正行為者を正確に特定できるような方法です。

複雑で、進化を続けるグローバルなサイバー犯罪に立ち向かう最善の方法は、グローバルな共有ネットワークの力を使うことです。ThreatMetrixデジタル・アイデンティティ・ネットワークは、顧客が日々行う何千もの世界中のウェブサイトを経由する何百万件ものやり取りから生成されるグローバル共有インテリジェンスを収集し、処理しています。ThreatMetrixはこの情報を使用して、これらのデバイス、場所、匿名個人情報の多種多様なつながりを分析することにより、それぞれのユーザーに対して独自のデジタルアイデンティティを活用します。この信頼できるデジタルアイデンティティから逸脱した行動はリアルタイムで正確に識別され、潜在的な不正に関するアラートがVantivの顧客に通知されます。疑わしい行動は、トランザクションが処理される前に審査、ステップアップ認証または拒否のために検知され、フラグが立てられることで、Vantivは顧客に煩雑さのない支払サービスを提供できます。

長期的な成功

ThreatMetrixと協力して、Vantivは異なるレベルの不正からの保護を個々の顧客ニーズに基づいて提供できます。Vantivは、アドレス認証、セキュリティコードチェック、カードの速度チェック、事前の支払い拒否および不正への助言の機能など、第一レベルの保護を提供します。このようなサービスはThreatMetrixの提供する別の複数の機能でさらにサポートされています。例えば、

  • ThreatMetrixトラスト・タグ: これらのサービスにより顧客は犯罪者と正規ユーザーを識別することができます。トラスト・タグは、オンラインの属性、デバイス、Eメールアドレス、クレジットカード番号、トランザクションの承認、拒否、レビューなどの属性の任意の組み合わせと動的に関連付けできます。
  • ThreatMetrixの詳細な接続分析テクノロジー: これらの技術により顧客は異常イベントをより明確に把握できます。犯罪者は、姿を隠そうとしたり、プロキシ、VPN、TORブラウザなどのアイデンティティ隠蔽を試みます。ThreatMetrixは、これらのテクノロジーの使用を正確に検知し、プロキシやVPNの場合は、顧客は、時間とともにグローバルなアイデンティティ・データによる裏付けで各イベントの真のIPアドレス、地理情報、その他の属性を確認できます。
  • ThreatMetrix スマートID: この機能により顧客は、Cookieが削除または無効化された場合でも、応答したデバイスを認識できます。スマートIDは、多くのブラウザ、プラグイン、TCP/IPの接続属性の分析に基づき、顧客が、犯罪者が同じデバイスを使用して複数の支払をしようとした場合を識別するのに役立つ信頼度スコアを生成します。

コンサルテーションの予約

今すぐ始める
close btn

Powered By OneLink