ThreatMetrixは、革新的なスタートアップ企業から多国籍企業まで、世界中のさまざまなお客様にサービスを提供しています。

中堅企業の場合、当社のデジタル・アイデンティティ・ソリューションの立ち上げと稼働を数週間ではなく数日以内に完了し、ポリシー・ルールの最適化を反復的に実行するスタッフの能力を養成するために、軽量な実装とトレーニングプロセスを各企業のニーズに合わせて調整することが多くあります。

より大規模で複雑な企業の場合、地域に合わせたカスタマイズ機能を保ちつつ、グローバルなルールを維持することができる形で、地域的なコンプライアンスの問題を考慮して、コンテンツを管理することにより、グローバル展開の管理を支援することができます。

当社のアジャイルな手法を使用して、当社のお客様は第1日目にポリシーを有効化し、次に一連のスプリントを展開して、その結果を反復的に改善することがよくあります。

通常、実装サービスには、以下のフェーズが含まれます。設計、開発、テスト、Go LiveとGo Live後のサポート。

設計フェーズには、ビジネスに固有の機能要件と技術統合ニーズをすべて把握するためのディスカバリープロセスが含まれます。当社の専門家は、詳細なプロジェクトプランを含む、すべての活動に関する資料一式を提供して、すべてのプロジェクト関係者との間で透明性のあるコミュニケーションを実現します。

開発フェーズでは、当社の専門家は各ユースケースに対してポリシーを設定し、戦略的なガイダンスと技術サポートを提供します。また、セッションIDの生成、API呼び出しの作成、APIレスポンスの統合などに対する技術サポートも提供します。

テストフェースでは、当社の専門家は、ポータルを使用して、不審なトランザクションを表示、分析、解決する方法についてのガイダンスを提供します。また、当社では、時間の経過に伴って発生する例外を特定して修正するための緊急時対応計画の支援も行っています。

ThreatMetrix ID™の本番稼働が開始したら、当社の専門家はお客様と協力しながら、パフォーマンスを監視し、不審なトランザクションを解決していきます。これには、プロファイリングAPIの比率、強化されたプロファイリングとAPIの統合レスポンスの有効性の確認など、イベントのリスクとその背景にあるアイデンティティを評価する活動が含まれます。

Go Live後のサポートには、ソリューションの管理を行う上で必要な知識と自信をお客様に提供する、実践トレーニングが含まれます。当社の専門家は、お客様が日々取得されるデータ量を評価する方法を理解することに役立つデータ分析セッションのほか、進化し続ける脅威を捉えるためにポリシーを微調整する指導を行うことを目的としたルールのレビューセッションを提供します。

コンサルテーションの予約

ThreatMetrixの専門家が、お客様のビジネスをどのように支援することができるか回答します。

さらに詳しく
close btn

Powered By OneLink